まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
長谷川武

最新の赤外線診断による構造物を診断するプロ

長谷川武(はせがわたけし)

有限会社讃宝住設

お電話での
お問い合わせ
087-845-5603

コラム

ドローンを活用した建物調査

ドローン

2018年7月30日

建設業者が飛ばすから価値がある

こんにちは。 
(有)讃宝住設 長谷川です。

ドローン映像と言えば、TV撮影での壮大な景色の空撮や、プロモーションビデオなどで使用される映像製作業界の機材と思いの方も多いと思います。現にドローンを所有し、空撮業務を行っている企業は圧倒的に映像制作会社が多く、皆様の見たことのない映像を空撮し、提供しているのがほとんどです。

「建設業者がドローン撮影」

資材でも運んでくれるんですか?
感動的な映像でも撮ってくれるんですか?

資材も運べませんし、感動的な映像も撮れません・・・
しかし、建物の劣化状況を確実にお伝えすることはできます。


8階部分のクラック。

爆裂
6階部分での外壁の剥落。

地上からでは分からない不具合状況を即座に発見し、報告する。
これは建設業者にしかできない空撮業務と思っております。

近年、外壁や看板の落下事故が全国で多発していますが、その多くは定期的な点検・調査を行っていれば確実に防ぐ事が出来た事故で、必ず前兆があります。しかし、外壁調査は足場組立などによる仮設費用に膨大な金額が必要となり、定期的に大規模な調査を行うのは現実的ではありません。
当社ではドローンを活用した目視・赤外線調査を行っており、仮設費用・人件費の大幅な削減が見込まれ、10年に一度の調査を5年、3年と短スパンで調査を行うことで建物の劣化をいち早く発見でき、必要最小限での工事で修繕費も抑えることが出来るのです。

建物も人間と同じ、「健康診断」が必要なのです。

この記事を書いたプロ

長谷川武

長谷川武(はせがわたけし)

長谷川武プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川武プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-845-5603

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川武

有限会社讃宝住設

担当長谷川武(はせがわたけし)

地図・アクセス

長谷川武プロのその他のコンテンツ