まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
丸尾悦子

女性の起業家を育て、自立した女性をつくるプロ

丸尾悦子(まるおえつこ)

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

コラム

女性客をリピーターにする方法

サロン・店舗の販促活動、マーケティング

2016年4月27日 / 2017年3月9日更新

お客様にリピーターになってもらうのは、そう簡単なことではありません。昨今では、新しい広告やキャンペーンを打ち出しても、新規のお客様の数は昔ほど望めなくなりました。

その原因にはいろいろ考えられますが、競合店が増えたことによりお客様の選択肢が増えたこと、お客様の価値観が多様化し割引や安売りに対する魅力が半減したこと、などが挙げられます。女性客をリピーターにするためにはどうすればよいのか、今の時代に適した集客方法を考えていきます。

女性客にリピーターになってもらうためにはスタッフ育成が重要

新規のお客様の開拓も経営の上でもちろん考えておかなければいけませんが、そのためのコストは、リピーターのお客様を集めるのに比べて10倍以上かかるといわれています。

実際に、新規のお客様とリピーターのお客様を比べると、売上の70%以上に貢献してくれているのはリピーターのお客様です。つまり、一度でも来ていただいたお客様を集客する方が、効率的で成果に繋がりやすいといえるでしょう。

女性がリピーターになるひとつの理由として、働いているスタッフの接客が挙げられます。気持ちのよい接客を受けた場合「女性はまたこのお店に来たい」とポジティブに感じる傾向があります。

また、この体験を口コミとして周囲に広めてくれる可能性もあります。そのためにもスタッフの育成は重要であり、リピーター獲得のためにも経営者が力を注ぐべきポイントといえるでしょう。

また来たいと感じてもらえるきっかけづくり

過去に一度でも来ていただいたお客様を集客するためには、「また行きたい」と思い出してもらえるきっかけをつくる必要があります。お客様がそのように感じる機会は、いつどこで生まれるかわかりません。そのためにも、お客様の頭の片隅に印象を残しておくことが大切です。

例えば今すぐには必要がないものでも、いざ商品を購入しようとした時にテレビで流れるCMを思い出すことによって商品を選び購入に至ることがあります。

この理論を利用して、お客様がそのような状況になった時の選択肢に入るべく対策をしておくことが、女性リピーター客獲得のために必要なのです。

女性客にリピーターの率をアップさせるために

女性のお客様には、丁寧な気配りが大切です。思い出してもらうためのきっかけづくりのためにも、お客様のことを第一に考えているという姿勢を示すことで、女性客の印象に残りやすくなるのです。

新規のお客様にはお礼状を書くようにします。手書きで来店の感謝を丁寧に伝えるようにしましょう。

ニュースレターは、リピーターの集客に有効です。頻度は月一程度で、お店のコンセプトやお客様の役に立つ情報を盛り込んだものがよいでしょう。定期的に送ることで、お客様の記憶に残りやすくなりやすくなります。

リピーターの女性のお客様に向けたイベントもリピーター率アップのために有効です。年に一度は大規模なイベントを行ったり、小中規模でも年3回程度実施している店舗もあるようです。

女性は社交性があり、このような機会を設けることでネットワークが広がり口コミも期待できます。経営側とお客様がお互いに利益を感じる関係が成り立つようにすることが、集客の目標といえるでしょう。

丸尾悦子 Proposer株式会社 代表取締役

歯科院長向け〝自費=◯◯ 人気エステサロンからの学び〟DVDも発売されている。
経営者様向け〝女性社員を笑顔にし、売り上げを上げる! 「しあわせ経営」のススメ 〟
書籍 Amazon・全国書店にて発売中。

Facebook「Maruo Etsuko」

この記事を書いたプロ

丸尾悦子

丸尾悦子(まるおえつこ)

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ

Share

丸尾悦子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

丸尾悦子

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

担当丸尾悦子(まるおえつこ)

地図・アクセス

丸尾悦子のソーシャルメディア

rss
rss
2017-07-30
facebook
facebook

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ