まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
丸尾悦子

女性の起業家を育て、自立した女性をつくるプロ

丸尾悦子(まるおえつこ)

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

コラム

男女の買物価値観は違う!女性の購買活動における特徴

サロン・店舗の販促活動、マーケティング

2016年4月26日 / 2017年3月9日更新

男女の思考回路が異なるのと同様に、男女の買物価値観も異なります。男性は買物の際に、商品のスペックを比べることが多く、商品を客観的にみて購買に至ります。女性は買物の際に、細かいスペックの比較よりもイメージが先行します。ここでは、女性の購買活動における特徴を説明していきます。

スペックにこだわる男性とイメージにこだわる女性

男性は何かを購入する際に、商品のスペックや機能を細かく比較、リサーチした上で商品購入に至るパターンが多いです。男性になぜその商品を購入したのかを聞くと、他社商品とのスペックの情報、機能の情報、選んだ商品の優れている点を詳細に答えてくれます。

女性が何かを購入する際には、全体的なイメージが重要視されます。男性のように商品を客観的にみて購買に至るわけではなく、スペックの比較よりも商品と自分の在り方のイメージが先行します。
例えば、この商品を買ったら楽しい気分になるか、部屋のインテリアに合うかなど、買う前に商品と自分のイメージをして購入に至ります。そのため、衝動買いが多いのも女性といえるでしょう。

お気に入りは内緒にする男性、お気に入りは口コミする女性

男性は何か気に入ったものを購入した場合、おおっぴらにそれを話題にすることありません。男性が本当のお気に入りをみつけたら、それは自分だけのとっておきのものとして、人には言わず内緒にしておくタイプの方が多いのです。

一方で女性は何か気に入ったものを購入した場合、口コミとして周囲の人にその商品のよさや体験を伝えようとする傾向があります。お気に入りをみつけたら、たくさんの人に共感をしてもらいたい、同じように体験、感動してもらいたいと考えるのが女性なのです。
自分のお気に入りや、好きなものについて、たくさんの人と話題を共有できることは、社交性のある女性にとって楽しいコミュニケーションといえるでしょう。

結果がよければよい男性と買い方にこだわる女性

男性は何かを購入すると決めたら、結果が重要視されます。商品購入前にスペックの比較やリサーチをきちんとして、自分でこの商品を買うと最終決定してから購入に至るのが男性です。つまり、同じ商品を買うのであれば、買う場所や買い方にはこだわらない人が多いのです

女性は、イメージ優先で買物をする傾向があります。例えば、春だからなんとなく新しいバッグがほしい、という女性は「せっかく買うのであれば、好きな雰囲気のお店で、気持ちのよい接客を受けて買いたい」と、買い方にこだわります。商品のスペック比較より商品を買うまでの過程と買い方を重視します。

購入に至るまでの過程と買い方は、女性にとって買物の最も大切なポイントで、商品価値を決める大きな割合を占めます。つまり、ほしい商品があっても買物の過程で、接客面などで不快なことがあれば、購入には至らない場合もあります。
男女でこのような違いがあるので、販促においてはターゲットの性別によってうまく使い分ける必要があるのです。

丸尾悦子 Proposer株式会社 代表取締役

歯科院長向け〝自費=◯◯ 人気エステサロンからの学び〟DVDも発売されている。
経営者様向け〝女性社員を笑顔にし、売り上げを上げる! 「しあわせ経営」のススメ 〟
書籍 Amazon・全国書店にて発売中。

Facebook「Maruo Etsuko」

この記事を書いたプロ

丸尾悦子

丸尾悦子(まるおえつこ)

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ

Share

丸尾悦子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

丸尾悦子

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

担当丸尾悦子(まるおえつこ)

地図・アクセス

丸尾悦子のソーシャルメディア

rss
rss
2017-07-30
facebook
facebook

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ