まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
丸尾悦子

女性の起業家を育て、自立した女性をつくるプロ

丸尾悦子(まるおえつこ)

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

コラム

女性スタッフが上司と信頼関係を構築するプロセス

女性経営者のための女性スタッフ育成術

2016年4月3日 / 2017年3月9日更新

上司が部下としっかりした信頼関係を築いている会社は非常に理想的な職場環境といえます。部下が責任感と主体性を持って仕事ができるような働きやすい環境づくりは、上司の仕事です。上司と部下が異性同士であった場合、信頼関係の築き方にコツが必要になります。ここでは女性の部下スタッフが上司と信頼関係を構築するためのプロセスについて説明していきます。

感情を重視する女性の特性を理解する


女性の部下スタッフを持つ上司には、どのように接して信頼関係を築いたらよいかわからないという方も多いようです。信頼関係を築くためには、まずは女性の特性を理解しておく必要があります。

女性は一般的に「共感してほしい」「理解してほしい」という感情を重視します。男性とは異なる価値観や意見を尊重し、女性スタッフそれぞれの性格や特性を理解してあげるようにします。
女性は話すことでわかり合おうとするので、女性部下スタッフとは仕事上の些細なことでも積極的に声がけをして関わり、コミュニケーションを取るようにします。

女性スタッフと信頼関係を築くために


女性スタッフの活躍は、昨今の企業、組織にとって重要なものです。女性部下スタッフを組織で活かせるかどうかは上司にかかっています。そのためには、信頼関係が不可欠なのです。

女性部下スタッフが上司と信頼関係を構築するためには、そのための環境づくりが重要です。上司が女性部下スタッフそれぞれの能力や特性を理解し、育成という意味でも成長を考慮しながら仕事を進めていくことが第一です。

女性部下スタッフを信頼し、期待していることが言葉で伝わるようにします。また、女性部下スタッフにとって、今の仕事が将来どのように活かせるかについて、上司が本気で考える時間を取るようにしましょう。

女性スタッフとの信頼関係を築くための注意点


信頼関係を築いていく上で、部下が女子スタッフで上司が男性の場合の注意点を説明します。

多くの女性の部下スタッフは、精神論や根性論をかざすようないわゆる体育会系タイプの上司が苦手な場合が多いようです。

スタッフの残業頻度で仕事へのやる気を測ったり、根性や気合などの精神論で仕事を評価する上司は女性スタッフに嫌がられる傾向にあります。

女性の部下スタッフと信頼関係を築く場合には、差別がないようにすることも重要です。他スタッフと平等に接することはもちろん、女性の部下スタッフの些細な変化に気づいて共感するように上司も努力することで、尊敬や信頼が自然に生まれるでしょう。

丸尾悦子 Proposer株式会社 代表取締役

歯科院長向け〝自費=◯◯ 人気エステサロンからの学び〟DVDも発売されている。
経営者様向け〝女性社員を笑顔にし、売り上げを上げる! 「しあわせ経営」のススメ 〟
書籍 Amazon・全国書店にて発売中。

Facebook「Maruo Etsuko」

この記事を書いたプロ

丸尾悦子

丸尾悦子(まるおえつこ)

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ

Share

丸尾悦子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-816-5155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

丸尾悦子

女性起業家カレッジ(Proposer株式会社)

担当丸尾悦子(まるおえつこ)

地図・アクセス

丸尾悦子のソーシャルメディア

rss
rss
2017-07-30
facebook
facebook

丸尾悦子プロのその他のコンテンツ