マイベストプロ香川
小山真梨

子どもの自尊心が輝き出す音楽教育のプロ

小山真梨(こやままり) / 音楽家

小山真梨音楽教室

コラム

自閉症を疑う前に、体験パターンの偏りに目を向けてください!

2021年4月24日

テーマ:発達障害児指導者養成講座

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 発達障害 診断ボイストレーニング子育て悩み相談

こんにちは。
幼児音楽教育アドバイザー
小山真梨です。

さて、
以前からよくお話しさせていただいているお話。

うちのお教室に来て、
「ん?自閉症ではない気がしますよ。。。」
と言うパターンが多くあるのですけれど。


これ、最近ね、子ども達に関わる先生が、
本当ちょっとの個性すらもすぐに「自閉症」
と言ってしまう社会現象でもありますが、、、

実は、個性以前のお話で、、、
今は地域(近所の人たちと共に)で
子育てをする社会とは程遠くなっていて。

子どもの体験がどうしてもね、
偏ってしまっているのが原因で、
「これ出来ないから自閉症!」みたいにね、
すーぐに言っちゃう社会になってしまってる
せいでもあるなと感じてます。

「〇〇が周りと比べて出来てないから、
発達の遅れがあります。」
ってさ、言われてもね。。。

そもそもその活動に対して
経験が少ない家庭で育ってたら、、、

出来ないの当たり前なんですよ!

なので、通ってる園で、
そう言った事を言われた際は、
具体的に実際あった事を
(1度や2度の話じゃなくね)
きちんと先生にお聞きしてくださいね!

その上で、経験不足が原因だったかとか、
それまでのアプローチ法がどうだったかとか、
まずはそっちに着目してくださいね!

あとね、
発達の遅れって、
みんな環境違う中育ってるんだから、
周りと比べるのでは無くて、
以前のその子の状態と、
大人の関わりのタイプと、
その後のその子の成長の量、
それらを見て判断してくださいね。

小山真梨音楽教室では、
リトミック・ピアノ・声楽・ソルフェージュ
のレッスンを開講しております。

カラオケ点数アップのためのボイトレ、
ミュージカルなどの歌レッスン、
宝塚受験のためのレッスン
などもお受けしております。

法人様・個人様向け講師養成講座開講中

先生も子どもたちも、ラクに笑顔で生活発表会に向けての準備ができて、
保護者も魅了してしまう。
クラスの中にハンデを抱える子がいても、全員が笑顔で合奏できる。
鍵盤ハーモニカも、子どもたちが楽しく自ら練習し、
ラクに息の合った演奏に仕上がる。
魔法のような『小山メソッド』が盛りだくさんの、
講師養成講座開講中。
くわしくはお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

小山真梨

子どもの自尊心が輝き出す音楽教育のプロ

小山真梨(小山真梨音楽教室)

Share

関連するコラム