まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
岩城憲治

自律神経を整え体の状態を引き上げる整体のプロ

岩城憲治(いわきけんじ)

自律神経専門整体K-style(いわき整骨院併設)

お電話での
お問い合わせ
087-867-5311

コラム

不妊症でお悩みの方へ〜卵子の老化と排卵障害〜

不妊(子宝整体)

2015年12月9日

妊娠までのステップには段階があります。
妊娠するには様々なステップをクリアにしていかなければなりません。
その中でも今日は「排卵」について書いてみます。

精子と卵子が恋に落ち、受精するのですが、
受精するには1億の精子が必要と言われています。

一説によりますと、精子はどの精子を卵子まで送り届けるか決めており、
卵子までの長い道のりをチームで進むそうです。
そのようなグループがいくつかあるのかもしれません。

受精して着床するまで、多くの条件がそろう必要が有ります。
そのため、不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、
逆に検査をしても、どこにも明らかな不妊の原因が見つからない
原因不明のものもあります。
今や不妊の原因は男5:女5とも言われております。

排卵の仕組み


脳の視床下部という所から黄体形成ホルモン放出ホルモンが放出

視床下部から命令を受けて、脳下垂体という箇所から性腺刺激ホルモンが放出

下垂体の命令で卵巣で卵子を育てる

18〜20mmに卵子が成熟すると、下垂体ホルモンの命令で卵子を放出

排卵

排卵の仕組みからみますと、下垂体の働きが重要になります。
また下垂体は視床下部の影響を受けますので、
まずは下垂体や視床下部の働きを阻害する要因から考えないといけませんね。

下記の排卵トラブルと共に、私なりの診方も併せてご説明していきます。

排卵障害「卵子の老化」


病院でもテレビなどでも卵子の老化と耳にしたこともあろうかと思います。
卵子の老化とは、卵子が成熟しなかったり、卵巣内で卵子の作られる数が
減少したりする事を指します。
年齢と共に卵子の数が減少してくるのは正常なのですが、
妊娠適齢期に卵子が減少してくることは、妊娠にももちろんの事、
美容面にも影響を及ぼします。

卵子が老化する2つの原因!


①下垂体や視床下部の働きが低下
②血流障害

①②に共通して言えることは、ストレスが関与しているということです。

ストレスから心臓のポンプ圧が減少し、東洋医学からの視点でみますと
表裏の関係で小腸の機能低下が見られます。
小腸の機能低下は、吸収率の低下や腸のむくみを起こします。
特に人体に必須のミネラル吸収率の低下がみられます。

ぽっこりお腹の原因


男女ともに下腹部のぽっこりお腹は、
小腸のむくみが関係します。

必要な栄養が吸収されにくいと、内臓などで蓄えていたミネラルを
消費していきます。
その結果、他の内臓の機能も低下してくるのです。

体はミネラルを吸収させるために、食欲を亢進させ、
またストレスによる脳の疲労から、脳の栄養分である糖質を欲します。

甘いものが止められない!
食べても食べても食欲が止まらない!

そんな時は、ストレスの蓄積とミネラル不足のサインです。
糖質の過剰摂取は、倦怠感、無気力、血流障害を招き、体にコリが生じます。

ホルモンは血液に乗っていきますので、
当然ながらホルモンバランスの乱れが生じます。

卵子の成熟と排卵を司る、脳の視床下部と下垂体は、
ストレスに敏感です。

視床下部と下垂体の簡単なチェック法は、
頭皮の硬さと首が凝っているかどうかです。

卵子の成熟と排卵障害でお悩みの方は、
ストレス除去とストレス耐性をつけることが
妊娠への近道です。


「オフィシャルサイト」
http://iwakiseikotsuin.com/
「不妊・婦人科疾患専門サイト」
http://xn--ihqw4ae8tysem6kn5cg34k.com/
「交通事故専門サイト」
http://iwaki-jiko.e-chiryo.jp/

この記事を書いたプロ

岩城憲治

岩城憲治(いわきけんじ)

岩城憲治プロのその他のコンテンツ

Share

岩城憲治プロのその他のコンテンツ