まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
岩城憲治

自律神経を整え体の状態を引き上げる整体のプロ

岩城憲治(いわきけんじ)

自律神経専門整体K-style(いわき整骨院併設)

お電話での
お問い合わせ
087-867-5311

コラム

スポーツでけがをしないための自律神経の調整法

自律神経のバランスを調整することが、長くスポーツを楽しむコツ

自律神経の調整は、スポーツをするすべての人にとって大切なことです。

緊張しているときやストレスを感じているときなどに働く交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経のバランスがうまく取れていてこそ、スポーツを楽しむことができると言えるからです。


例えば交感神経が高ぶると、力んでしまってうまくいかないこともありますし、副交感神経の方が高くても、実力を発揮できるとは言い難いものがあります。

そして自律神経のバランスは、スポーツで緊張やミスをすることなく、実力を十二分に発揮して楽しむことだけではなく、けがをしないことにも大きく関わってきます。

何よりもけがをしないことが、楽しくスポーツを続ける大前提となるのです。

現在アスリートが行っている、自律神経のバランスを調整する方法とその効果

では、その自律神経のバランスを適度に保つために、アスリートはどのような対策をしているのでしょう。

試合前などは特に、不安と緊張でかたくなった体をほぐすことで気持ちもリラックスします。また、同時に、体を緊張から解き放つことで、けがをする危険性を低くすることもできます。

マッサージは、筋肉の緊張を緩和して、関節の可動域を広げ、血液やリンパの流れを促進。神経や血管の圧迫、そして筋肉中にたまった疲労物質を除去して、体の中の循環をスムーズにして疲労回復を一時的に促進することが期待出来ます。

筋肉の表面のコリだけではなく、芯からコリをほぐして疲労を回復することにより、体を良好なコンディションにしていきます。リラックス効果もありますが、筋肉に直接働きかけることで、治療と予防にもとても効果的と言われています。

疲れやストレスによる不調を改善し、人間が本来持っている自然治癒力を高める効果があるので、スポーツをするアスリートだけに効果があるわけではありません。

日常生活での筋肉疲労、コリや痛み、だるさと言った症状が慢性化しがちな現代において、健康的な体を作りたい多くの人にも有効です。

マッサージ、ストレッチ、その他の方法

ストレッチは、筋肉を引っ張って伸ばす、つまり筋肉の伸張と収縮を繰り返す療法です。

競技前のコンディションを整えたり、運動後にクールダウンする効果もあり、多くのアスリートが行っています。
特別な技術や道具を必要とすることもなく、時間も場所も必要としないので、誰でも簡単に行うことができるトレーニングです。

筋力トレーニング、ウォーキングのほか、専用の機器を使った電気治療、酸素カプセルなども、昨今のアスリートは活用しています。

しかし、マッサージやストレッチは体のバランスを崩したり、
パフォーマンスが低下してしまうのをご存知でしょうか?

マッサージ、ストレッチの影響

マッサージは一時的に血流を促進して疲労回復を期待しますが、
実は体のバランスが大きく崩れ、運動神経の低下と知覚神経の鈍化を招きます。

試合直前のストレッチは、パフォーマンスが低下して成績が伸びないという事実は
今や常識となっています。

実際、ストレッチ後の筋力テストをしますとあきらかに筋力低下がみられます。

疲労回復のメカニズムやパフォーマンスが発揮されるというのは
どういうことなのかは、また改めて詳しくご説明していきます。

この記事を書いたプロ

岩城憲治

岩城憲治(いわきけんじ)

岩城憲治プロのその他のコンテンツ

Share

岩城憲治プロのその他のコンテンツ