まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
岩城憲治

自律神経を整え体の状態を引き上げる整体のプロ

岩城憲治(いわきけんじ)

自律神経専門整体K-style(いわき整骨院併設)

お電話での
お問い合わせ
087-867-5311

コラム

ストレスに弱い体質と性格を改善するには

ストレスに強い人=性格?

ストレス社会と言われる現代においても、「ストレスに強い人」という人は存在しています。イメージとして、ネガティブな人はいつも胃腸の調子を気にしている一方、ポジティブな人はいつも元気いっぱい、といった感じでしょうか。
「もともとの性格でしょ」と思われるかもしれませんが、実は、ストレスに強い、というのはさまざまな生活習慣と密接に関係しているんです。

ストレスに弱い人と、ストレスに強い人。それぞれには、どのような違いがあるのでしょうか?

ストレスに弱い人の特徴

ストレスに弱い人というのは、強い人に比べて「自分自身でストレスを作り出してしまっている」ことが多くあります。
例えば上司から仕事について怒られていた時、「自分ができないせいで怒られてしまった。自分はできない人なんだ」と、自分のミスから、自分はできない人というレッテルを自らはってしまっています。

この時、ストレスに強い人は「自分のミスで怒られてしまった。ミスを見つけてもらってよかった。次にミスしないためにはどうすればいいか」と、ミスを認めた上で、自分の改善点を探し始めます。

このように、ストレスに弱い人というのはどんどん「自分に自信がなくなるように考えてしまう」傾向にあります。そのため、ストレスに強い人のように、「自分に自信が持てるように考える」必要があります。

ストレスに弱い体質

また、ストレスを感じるとすぐに身体にいろんな症状が出る方もいらっしゃいます。
胃腸が不快になる人もいますし、腰や肩に痛みを感じるという方もいらっしゃいます。
これらの方は、「ストレスによって自律神経が乱れやすくなってしまっている」ということがいえます。
自律神経とは、生命維持にかかすことのできない臓器に働きかける神経であり、この神経のバランスが乱れてしまうことで様々な症状が起こりやすくなってしまうのです。

首の不調がストレス耐性の低下を招く

過去に交通事故によって首を痛めた、日常生活や運動などで首を痛めたことがある方は、
自律神経のバランスが乱れている可能性があります。
首は脳幹からの命令が1番最初に通過する箇所でもあり、
また、硬膜という強靭な膜が脳幹から首の2番まで繋がっているため
自律神経のアンバランスやストレス耐性が低下しやすい傾向にあります。
そのような状態では、少しのストレスや些細なことでもイライラしたり、
落ち込んだり、ネガティブに考えてしまいがち。
でも大丈夫!
あなたの性格が問題ではありませんので、自分を責める必要はありません。
首が整うと前向きに考えられるようになります。

自律神経の乱れを改善する方法としては、「栄養バランスのとれた食事を3食しっかり取る」「睡眠時間を確保する」「適度な運動をする」ことなどが挙げられます。
「これって、ただの健康法なのでは?」と思われたかもしれませんが、まさにその通りなんです。
「自律神経を整える」ということよりも、「より健康的に毎日を過ごすために」これらを実践していただくことが、結果として自律神経も整い、より健康的に過ごせることにつながる、ということになります。

この記事を書いたプロ

岩城憲治

岩城憲治(いわきけんじ)

岩城憲治プロのその他のコンテンツ

Share

岩城憲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2015-12-09
youtube
YouTube
2018-05-24
facebook
Facebook

岩城憲治プロのその他のコンテンツ