マイベストプロ香川
多田祐子

良好な人間関係を築くための笑顔を引き出すプロ

多田祐子(ただゆうこ) / 笑顔研修・講師

株式会社BRILLIANT YOU

コラム

ミッキーマウスに学ぶ、マスク着用時の笑顔接客

2020年7月19日 公開 / 2020年8月8日更新

テーマ:笑顔研修

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 接客 研修おもてなし サービス人材育成 研修

ミッキーマウスは、いつも同じ顔です。
口角がキュッと上がった、飛び切りキュートでステキな顔(笑顔)です。

いつも同じ顔(表情)なのに、表情豊かに感じるのは私だけではないはずです。

口角は上がったままなのに、ぷんぷん怒っているように見えたり、困っているような表情に見えたり、笑顔は笑顔だけと、クスッと笑っているように見えたり、元気いっぱいに笑っているように見えたり…。

それは、なぜでしょうか。

例えば、怒って見えるときのミッキーマウスの口元。
もちろん笑顔の口元のままです。
だけど、手の動き、顔の角度、全身の動きなどが、笑顔に見えているときとは少し、あるいは大きく違っています。

それは、腕を組んで、お腹を少し突き出して、顔は斜め上にプィっと向けられている…などです。

その他、ミッキーマウスが腕を大きく振り上げて、ばんざいのポーズをしているのと、腰に手を置いているのでは、またまた違った表情(感情)が伝わってきますよね。


さて、マスク着用時の笑顔接客についてです。
ソーシャルディスタンスでお客さまと距離を取ったとき、マスクをつけていると、細かい表情は伝わりづらく、どちらかというと暗い印象になってしまいがちです。

マスク着用で、なかなか笑顔が伝わらないとき、お手本にしたいのが、ミッキーマウスのさまざまな表情を伝える体の動きです。

マスク着用時に、うつむいていると笑っているようには見えませんね。
顔を上げる、そして、いつもより身振り手振りを大きくすると、どうでしょうか。はつらつとした印象(笑顔の接客)に変ります。

マスク着用時、ミッキーマウスになったつもりで、「笑顔」を顔だけでなく全身で表現してみましょう。

あなたが接客をしている場所が、お客さまにとってディズニーランドのような楽しい場所になるかも!?しれません。

【笑顔研修】

◆第一印象をアップしたい!
◆職場の雰囲気を明るく前向きにしたい
◆気づきの多いポジティブな人材に育てたい
◆自分を語るツールづくり、セルフブランディングをしたい
   
さまざまな課題やお悩みを解決!

お気軽にお問合せください
  ⇒ https://mbp-japan.com/kagawa/brilliant/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

多田祐子

良好な人間関係を築くための笑顔を引き出すプロ

多田祐子(株式会社BRILLIANT YOU)

Share

関連するコラム