マイベストプロ香川
  1. 「素直」な反応が生み出す、素敵なコミュニケーション
多田祐子

良好な人間関係を築くための笑顔を引き出すプロ

多田祐子(ただゆうこ)

株式会社BRILLIANT YOU

お電話での
お問い合わせ
087-841-3772

コラム

「素直」な反応が生み出す、素敵なコミュニケーション

2019年2月12日 公開 / 2019年2月17日更新

テーマ:スマイルコミュニケーション

ぬくもりを感じる話し方


ぬくもりを感じる話し方は、心地いいコミュニケーションを生み出します。

なぜぬくもりを感じるのか…
それは、話し手の「聞きたい、伝えたい」という気持ちが、伝わってくるからです。
「聞きたい、伝えたい」という気持ちがなければ、おそらく嘘くさく聞こえてしまうはずです。

感じのよい話し方に欠かせないのは、相手の話を聞く姿勢です。

相手の話を一生懸命聞くことこそ、コミュニケーションの基本といえます。

「あなたの話を聞きたい」という気持ちで向き合うことで、相手も心を開いてくれます。
すると、会話もどんどん膨らんでいきます。

その際、素直な反応をすることが重要です。

たとえば、相手の話が分からなければ、「どういうことですか?」と尋ねたり、共感できないときは、「私は、こんなふうに思っています」などと、素直に反応する。

なんでもかんでも、うなずいてばかりだと、「本当に聴いているのかな」と、不信感を抱かせてしまいかねません。

気持ちのこもっていない笑顔や相づちは、良いコミュニケーションを生み出しません。

マニュアルにはない‟感じのいい話し方”


①気持ちのこもっていない笑顔ではなく、素直な反応が大事

会話のテクニックや笑顔をつくることより、「相手の会話に素直に反応すること」のほうが、大事です。分からないことを取り繕うことなく、その気持ちを素直に言葉にしたほうが、結果的に良いコミュニケーションが生まれます。

②相手の反応を常に観察する

いい会話ができているかどうかは、相手の顔色を見ればすぐにわかります。つまり、感じのよい話し方のために、観察力を磨いておく必要があります。
相手の会話の反応だけではなく、表情なども常に意識して会話しましょう。

③笑ってごまかすのをやめる

笑っていれば、感じがいいと思いがちですが、度を過ぎると信用を失ってしまいます。
ただただ笑っているのではなく、会話に合った表情、素直な反応を心がけましょう。



会話を弾ませる原点は、相手に興味を持つことです。

実は、そのための事前の準備をすることがよくあります。
どんな人だろう、何を話そうか…と、お会いする前に相手に対して思いを巡らせ、話を聞きたいという気持ちを醸成させるのです。

その上で会話に望めば、自然に話がはずみます。
すると、「素直」な反応が生まれ、気がつけば、すてきなコミュニケーションがとれていることでしょう。

【笑顔研修】

◆第一印象をアップしたい!
◆職場の雰囲気を明るく前向きにしたい
◆スタッフを気づきの多いポジティブな人材に育てたい
◆効果的な新人研修を実施したい
   さまざまな課題やお悩みを解決!
   軽快なトークで楽しく学べる笑顔研修です。

お気軽にお問合せください
  ⇒ https://mbp-japan.com/kagawa/brilliant/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

多田祐子

良好な人間関係を築くための笑顔を引き出すプロ

多田祐子(株式会社BRILLIANT YOU)

Share
関連するコラム