まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
多田祐子

良好な人間関係を築くための笑顔を引き出すプロ

多田祐子(ただゆうこ)

株式会社BRILLIANT YOU

お電話での
お問い合わせ
087-841-3772

コラム

「自然整形」と「美容整形」

スマイルコミュニケーション

2018年3月3日 / 2018年6月15日更新



今日一日の多くの時間を、どんな気分で過ごしましたか


感情がつくるのは、表情です。

笑顔は、しあわせな気持ちの表れ。

一方、眉間にしわを寄せた表情は、嫌悪感、不機嫌さ、あるいは、悩み、深く考え事をする…といったことの表れです。

今日一日の多くを不機嫌に過ごした人の表情と、ゴキゲンに過ごした人の表情は、真逆になっているはずです。

今日一日、その感情があなたの顔(表情)に刻まれたことになります。

今日だけではありません、明日も、明後日も…

あっ、これまでの時間も、刻まれ続けているのです。

ココ・シャネルの名言


二十歳の顔は、自然がくれたもの

三十歳の顔は、あなたの生活によって刻まれる

五十歳の顔は、あなた自身の価値があらわれる

エイブラハム・リンカーンの名言


四十歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない

「自然整形」とは…


「自然整形」という言葉を聞いたことがありますか?

「自然整形」は、人為的な変形の「美容整形」に対応して用いられる語です。

ボディビルディングを思い浮かべてみてください。

筋肉は、使えば使うほど発達します。

表情筋の鍛錬は、ボディビルディングのように、意図的・計画的になされるわけではなく、生活の中で無意識のうちになされています。

そうです。
日々の感情がつくりだす表情によって、自然整形が行われているのです。

゛美容整形によってもたらされること


美容整形によって、顔立ちを変えると人格に影響が生まれるのか?

この問いに対して、ドゥールーの著書から、次のような見解が引用できます。

①変形が本人に受容される(気に入る)ならば、人格はその顔にふさわしいその顔にふさわしいものへと変容していく。

②受容されにくい(気に入らない)場合はフラストレーションが生まれ、人格の不均衡に陥る。

いろいろな文献からも、確たる事例による証明があるわけではないのですが、この見解は、多くの人が納得するのではないでしょうか。

例えを、美容整形よりも、もっと一般化していえば・・・
私も、そして誰でもが、必ず経験する加齢と、老化にともなう変形でも、同様です。

つまり、顔の老化が、本人に受け入れられる場合と、受け入れにくい場合とでは、老人の人格を左右するような影響が生まれるということになります。


無意識のうちに日常的に行われている「自然整形」によって、どんな変形を遂げるのか…

もちろん、自分は、こうなりたいと意識的に「自然整形」を行い、自分が思い描くような変形を遂げるという選択もあります。


さあ、あなたは、これからどんな「自然整形」をなさいますか。

この記事を書いたプロ

多田祐子

多田祐子(ただゆうこ)

多田祐子プロのその他のコンテンツ

Share