まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
十河良次

顧客の夢を叶えるファンタジックハウスのプロ

十河良次(そごうりょうじ)

株式会社アトムアソート

コラム

ヨーロッパ風洗面台の種類

ヨーロッパ住宅の洗面台は色と素材が豊富

本章では、ヨーロッパ風の洗面台について知りましょう。
ヨーロッパの家に滞在したりホテルに宿泊したりすると、おしゃれな洗面台を見かけることがあります。

ヨーロッパ住宅の洗面台は、白一色の簡素な造りではなく、色の種類が豊富です。図柄が配されている洗面ボウルもあります。これらの材質は種類が多く、暮らしにまつわるヨーロッパ工芸の魅力を感じさせます。

洗面台は、住宅にとって大切な水まわりの設備ですから、機能とデザインを考慮して、納得できる選択をしたいものです。

欧風住宅を建てる際は、洗面台にもヨーロッパの趣向を取り入れると、理想の住まいに近づくでしょう。

装飾のある洗面台と洗面ボウルが欧州風

ヨーロッパ住宅の洗面台は、キッチンのようにその建築デザインに合わせた色と素材で造られます。

例えば、無垢材を活かした内装の住宅では、洗面台にも、撥水加工を施した木材が使われることがあります。洗面用具を収める収納棚の扉も、無垢材で合わせると調和が生まれます。

南欧住宅の場合は、内壁の色に合わせるように、例えば淡いオレンジやイエローのヨーロッパタイルが、洗面台に使われることがあります。

モザイクタイルで、色鮮やかな柄や模様を表現する洗面台も見受けられます。
そして、洗面ボウルにも工夫があります。清潔感のある白いボウルが主に用いられることは、日本と変わりませんが、ボウルに花びらや果物などの柄をあしらうことがあり、ヨーロッパの装飾趣味が表れています。

装飾がある洗面ボウルは、図柄を表面に転写する種類の場合、多色の刷り色が鮮やかで、ボウル面に均一の模様が現れます。または、職人が手作業で絵付けをする種類もあり、一点ものとして人気があります。

このような装飾のある洗面ボウルに、例えば金色の水洗金具を合わせると、洗面台にヨーロッパ風の趣向が現れてくるでしょう。

たくさんの素材が揃うヨーロッパ製の洗面台

ヨーロッパ住宅の洗面台を見ると、色や図柄だけではなくたくさんの素材が用いられていることが分かります。
代表的なところでは、陶器の洗面ボウルを挙げることができます。

伝統的な陶器の質感は、ヨーロッパタイルにも、木材にも馴染みやすく、洗面台に上品な雰囲気をプラスしてくれます。

近代的なセラミックスの洗面ボウルも主流と言えます。
これらに加えて、大理石やクリスタル、天然石の洗面ボウルも住宅に用いられています。ステンレスを洗面ボウルにあつらえる例もあります。

その形は、装飾の洗面ボウルや古典的な陶器のボウルは、昔ながらの可愛らしい丸い作りが主なものです。一方で、現代風の洗面台に用いられる場合は、モダンな長方形や、楕円形の意匠が採用されています。
ヨーロッパ住宅の洗面台の特徴を、上手にご自宅に取り入れてください。

施工事例

施工事例はこちらからご覧ください。
アトムアソートの施工事例

この記事を書いたプロ

十河良次

十河良次(そごうりょうじ)

十河良次プロのその他のコンテンツ

Share

十河良次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-20-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

十河良次

株式会社アトムアソート

担当十河良次(そごうりょうじ)

地図・アクセス

十河良次プロのその他のコンテンツ