まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
十河良次

顧客の夢を叶えるファンタジックハウスのプロ

十河良次(そごうりょうじ)

株式会社アトムアソート

コラム

イングリッシュガーデンの特徴

自然の景観美を大切にするイギリス式庭園

四季の花や草木が生い茂る、きれいな庭を作りたいと希望するご家族は多いことでしょう。
ヨーロッパの庭園は各国の魅力がありますが、イングリッシュガーデン(イギリス式庭園)は「自然の美しさを大切にしながら作庭をする」という特徴があります。日本でも愛好家が多い庭の様式です。

イギリスの風景庭園では、例えばストーヘッド庭園や、ブレニム宮殿の庭園などに、原風景の景観を一定の敷地に配して、四季の移ろいを楽しむ、イングリッシュガーデンの伝統美を眺めることができます。

日本では、ガーデニング(園芸)としてのイングリッシュガーデンは、住宅の庭に見られるような、小規模の作庭を表します。ウッドデッキやレンガをあしらい、きれいな花々や草木を育てるガーデニングは、毎日の暮らしを豊かにしてくれるものです。

野趣を演出するように花と草木を配置

イングリッシュガーデンの基本をお話します。

代表的な作り方として、コテージガーデンとボーダーガーデンがあります。
コテージガーデンは、花や草木を自然のままに茂らせて、その景観を楽しみます。スミレや、スイカズラ、バラなどがまるで自生しているかのように咲く様子は、イギリスの田園風景を思わせます。素朴な美しさがあり、カントリーガーデンと呼ばれることもあります。

ボーダーガーデンは、建物や路、塀に沿うように細長い庭を作ります。イギリス式では、手前から奥に向かうように、盛り土や塀などで背面を高くします。その花壇に、自然な風景として花や草木を植えて、立体感のある趣に仕上げます。

いずれも、花の種類や植物の背丈、色彩を考えて、さりげなく植えて育てるようでありながらも、景観としての調和を求めています。
イングリッシュガーデンの趣味を取り入れると、自宅の庭でのガーデニングが楽しくなるでしょう。

レンガやアイアンを置いて立体感を演出

イングリッシュガーデンに合う植物としては、バラ、スミレ、コニファー、ラベンダー、ハーブ類、アイビーなどがあります。ご自宅では、お住まいの地域の風土に適した、好みの植物を選びましょう。

花の色彩としてはブルー、ピンク、紫などを配するとイングリッシュガーデンの趣味に似合います。

ピンクや赤のバラは、イングリッシュガーデンを象徴するものです。
ご自宅の庭では、小路に石畳みを敷いたりウッドデッキを置いたり、花壇にレンガをあしらったりすることで、イングリッシュガーデンの趣向が増すことでしょう。

例えばロートアイアンのアーチに、植物のつたを絡ませるようなデザインも合います。景観が立体的になるように、植物と構造物をあしらいましょう。

欧風住宅を建てる際は、庭の景観にもこだわりたいものです。イングリッシュガーデンの作り方を参考にしてください。

施工事例

施工事例はこちらからご覧ください。
アトムアソートの施工事例

この記事を書いたプロ

十河良次

十河良次(そごうりょうじ)

十河良次プロのその他のコンテンツ

Share

十河良次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-20-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

十河良次

株式会社アトムアソート

担当十河良次(そごうりょうじ)

地図・アクセス

十河良次プロのその他のコンテンツ