まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
十河良次

顧客の夢を叶えるファンタジックハウスのプロ

十河良次(そごうりょうじ)

株式会社アトムアソート

コラム

ヨーロッパスタイルのタイルの特徴

東方文化圏から持ち込まれてスペインで発展

ヨーロッパの住宅に用いられる、タイルについてお話しします。

日本で見られる、白や水色の淡い色調のタイルだけではなく、ヨーロッパのタイルは種類が多く、その分、色彩と図柄が豊富に揃っています。

ヨーロッパはタイル工芸の本場であり、装飾性に優れたタイルの数々は、ヨーロッパの豊かな生活文化を感じさせてくれます。

タイルの歴史をひも解くと、かつて東方文化が流入したスペインに、ヨーロッパのタイル文化の源があります。

タイルは、東方から西欧に持ち込まれた生活文化の一つです。例えば、グラナダのアルハンブラ宮殿は、東方文化の影響による、装飾性に優れたタイルが残存することで有名です。

東方の幾何学模様に、スペインの開放的な工芸様式が合わさり、明るい色彩と、躍動感のある図柄が表れる、ヨーロッパスタイルのタイルに発展しました。

幾何学模様や植物などの装飾性が魅力

スペインタイルは「クエルダセカタイル」と「マヨルカタイル」に大きく分けられます。

「クエルダセカタイル」は、東方文化の影響を残すタイルで、幾何学模様が特徴的です。「マヨルカタイル」は、現在のスペインで多く生産されているタイルです。イエロー、オレンジ、ブルーなどの顔料で植物や動物、生活風景の絵付けが施されています。

かつて、東方からスペインに持ち込まれたタイルは、地中海を経由してイタリアでも発展してきました。

イタリアタイルは、モダンな色彩感覚のタイルで、細かな装飾を施す場合もあります。現代ではセラミック素材のタイルも普及して、住宅素材としての価値を高めています。

ヨーロッパ以外の国々でも、ヨーロッパ風のタイルは人気が高いもので、広く親しまれています。絵柄や模様を表現するために、小さく作られたタイルはモザイクタイルと呼ばれます。色を組み合わせて貼ることで、作り手の個性が出るモザイク風のタイル面を作ることができます。

沢山の種類が揃う現代のヨーロッパタイル

ヨーロッパ風タイルの、代表的な種類を挙げます。
「プロベンサ」は素焼きのプロヴァンス風タイルです。「フィノグラン」は花崗岩の模様がある、やわらかな色合い。「スタッコ」はパステル調のタイルです。
「ノルディキャップ」は北欧風のモダンな趣向。「パラゼット」はシンプルなボーダーが特徴的です。

「パルミラ」はやわらかで自然な模様。「シティ」は洗練された自然石の風合いがあります。「トロント」はマットな質感です。
「フリーダム」はフェミニンな色調。「マディソン」はアースカラーの風合い。「ボンガ」は木目調の美しさがあるタイル。「エスコシア&ガレス」は岩肌の質感を再現しています。

「ダンテ」には大理石のような光沢感。「カリザ」は石灰岩の岩肌模様に仕上げたタイルです。「アルコラ」は素朴な南欧風。「アイレン」は素焼きの風合いを再現しています。

「ファイバー」はシンプルな石調のタイルです。「アーバン」には自然石の暖かみがあります。「クォーツレリーフ」は石肌を立体的に再現。「イコム」はモダンな色合いです。「カルタゴ」は素焼きの風合いに濃淡をつけています。

「シドニー」はアンティークの趣向。「デルフォス」は割石の石畳を再現しています。「オレゴン」はウッドデッキのような見た目が特徴です。

このように、ヨーロッパタイルにはたくさんの種類があります。
住宅に合わせて選びましょう。

施工事例

施工事例はこちらからご覧ください。
アトムアソートの施工事例

この記事を書いたプロ

十河良次

十河良次(そごうりょうじ)

十河良次プロのその他のコンテンツ

Share

十河良次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-20-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

十河良次

株式会社アトムアソート

担当十河良次(そごうりょうじ)

地図・アクセス

十河良次プロのその他のコンテンツ