まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
三好康治

先祖と家族の心をつなぐお墓づくりのプロ

三好康治(みよしやすじ)

株式会社三好石材

お電話での
お問い合わせ
0120-186-148

コラム

寺院墓地、公営霊園、民営霊園の違い

香川・高松市のお墓と墓石事情

2015年9月9日 / 2016年12月27日更新

寺院墓地について

お墓を建立する際、墓地がない方は墓地または、霊園探しからスタートします。
そこで、迷われるのがどこの墓地・霊園を選ぶか…でしょう。

弊社では、安心してお墓参りができる墓地、霊園をご紹介しております。
いつでも相談くださいませ。

現在、日本では、寺院墓地、公営霊園、民営霊園といった3タイプの墓地・霊園があります。
今回はそれぞれの違いや特徴、メリットやデメリットなどをご紹介しましょう。

では、寺院墓地からご説明します。寺院墓地は、いわゆるお寺の中、あるいは隣接する場所に設置された墓地となります。
お寺に墓を持っておられる方は先祖代々、そのお寺の檀家であることが多いのではないでしょうか。

したがって、新しく建てる方は、そのお寺の檀家になる必要があります。
まずは、お寺様へのご相談をおすすめします。

寺院墓地にすることのメリットは

メリットとしては、お寺様との関係が密接になり、色々な祭祀や法要のご相談ができること、手厚く供養していただけることなどがあります。

また子孫がいなくなっても、永代供養をお願いできます。
注意したい点としては、宗教・宗派が限定され、改宗の必要があることや、
墓石のデザインも自由がきかない場合もあります。

檀家としての会費や節目ごとのお布施等、予想外の支出が多いこともあります。そのあたりも、事前に確認する必要があるでしょう。


公営霊園について

次に公営霊園について見ていきましょう。

公営霊園は、都道府県・市町村の自治体、またそこから委託された公益法人などが管理・運営を行っている霊園のことです。

細かな条件や契約内容は、自治体ごと、または霊園ごとに異なります。
運営方法は、全ての人が購入できるのではなく、「募集・抽選」という形をとります。

全体として、募集数が少なく、募集期間が短期で限られているというデメリットがあります。
管理料が安いというメリットはあるものの、競争率が高くなかなか抽選に当選することが少ないという点は、利用者にとっては難点でしょう。

公営墓地は経営・管理体制が安定

また、その他のメリットとして、経営・管理体制が安定しており、永代使用料も安いこと、宗教が不問で石材店を自分で選べることなどです。

また、注意事項として、申し込み資格に条件や制限があるケースが多い点、
墓地のサイズに制限があり、墓石の形が限られることなどもありますので、
気をつけましょう。

抽選に申し込むのは無料ですので、申し込みながら他の民営の霊園や寺などの資料を集め、比較検討するのも良いのではないでしょうか。


民営霊園について

では、民営霊園について確認していきましょう。

民営霊園とは、宗教法人や公益法人などが主体となって運営をしている霊園のことです。霊園の名称が宗教的であっても、宗教は不問です。

そのため、墓石も固定観念に縛られない自由なデザインのお墓を建てることができます。
公営と比べ、申し込み条件や資格などもなく、販売数も多いので購入しやすいのがメリットでしょう。

デメリットとしては、永代使用料や管理料が高めに設定されている点、交通アクセスがあまりよくない場所が多いことなどがあげられます。

また、管理や運営のレベルに差があるので購入前に複数の霊園をリサーチすることをおすすめします。
弊社では、お参りしやすい墓地、霊園のご紹介をしています。

ご自身で判断するのが難しい際は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いたプロ

三好康治

三好康治(みよしやすじ)

三好康治プロのその他のコンテンツ

Share

三好康治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-186-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三好康治

株式会社三好石材

担当三好康治(みよしやすじ)

地図・アクセス

三好康治のソーシャルメディア

facebook
Facebook

三好康治のソーシャルメディア

facebook
Facebook

三好康治プロのその他のコンテンツ