まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
寺澤悟

「空気設計」で住人の健康を大切にする家づくりのプロ

寺澤悟(てらさわさとる)

株式会社 拓三建設

コラム

Q値てな~に

床暖房のいらない家

2016年2月26日 / 2017年11月3日更新

昨日、打ち合わせ中のお客様との会話の中に「Q値」が出てきた、住宅の断熱性能の数値だとは分かっていたものの、その数値が良いのか悪いのかがよくわかっていませんでした。
前に「暖房機の決め方」で解説していましたがここで、昨日お客様との話にそっておさらいしたいと思います。

住宅性能用語集

Q値(W/㎡K)読み【キュウチ、ワットパーヘイベイケルビン】 平成11年省エネ基準の熱損失係数
UA値(W/㎡K)読み【ユーエ―チ】 平成25年省エネ基準 外皮平均熱貫流率
どちらも住宅の断熱性能を表す数値で、中が20℃外が19℃の時、1㎡あたり何W熱が1時間で逃げるかといった数値です。
数字が小さい程、熱が逃げないこととなります。
どちらの数値も計算するときは同じ作業をします。
初めに1棟丸々から逃げるねつを全部計算します。
Q値は求められた逃げる熱と換気で損失する熱を+て延べ床面積で÷ったもの
UA値は、床、壁、天井、の総面積で÷ったもの
違いは換気で逃げる熱がUA値にははいっていないので、暖房機を決めるときはQ値を使って計算します。
UA値は純粋に建物だけの断熱性能を比較するための指標で、今後住宅の断熱性能はこちらを使っていく形になります。(換気は機械によって熱損失が異なるため)

平成25年改正省エネ基準 基準値



2020年地域別断熱性能基準


お客様の質問と回答

Q値1.0W/㎡Kと1.5W/㎡Kではなにがどう違うの?
暖房機の量が違います。40坪(132㎡)、平均外気最低気温-7℃、室温20℃にしたい場合。
①Q値1.0W/㎡K場合、床面積132㎡×Q値1.0W/㎡K×内外温度差27℃=3564W(1時間に逃げていく熱)
②Q値1.5W/㎡K場合、床面積132㎡×Q値1.5W/㎡K×内外温度差27℃=5346W(1時間に逃げていく熱)
比べ易くするために500Wの電気ストーブ暖房するとしましょう。
①は3564W÷500W=7.128台
②は5346W÷500W=10.692台
となり暖房機の量が住宅性能によって変わってきます。もちろんイニシャルもその分上がります。
ランニングも違います。電気の料金1kW当たり24円で計算すると1日で
①500W×7.128台×24時間×24円÷1000W=2,053円(使用電力量84kW)
②500W×10.692台×24時間×24円÷1000W=3,079円(使用電力量120kW)
電気の料金メニューで料金は異なってきますが使うエナルギーは1.5倍となります。
当然料金も基本料金以外の部分が1.5倍になるといううことです。

この回答を聞いたお客さん

確かに、イニシャルは抑えたいけれど、性能にはキチンとお金をかけないと、ランニングは一生ですもんね、勉強になりました。とのこと、当然一般のユーザー様はこんなことは分からないと思います。私たちプロがキチンと情報発信して行かなければと痛感しました。

この記事を書いたプロ

寺澤悟

寺澤悟(てらさわさとる)

寺澤悟プロのその他のコンテンツ

Share

寺澤悟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0198-24-7343

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺澤悟

株式会社 拓三建設

担当寺澤悟(てらさわさとる)

地図・アクセス

寺澤悟のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-09
facebook
Facebook

寺澤悟のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-09
facebook
Facebook