まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
佐藤美智男

高い施工技術で、高断熱・高気密のエコ住宅を建てるプロ

佐藤美智男(さとうみちお)

伸和ハウス株式会社

佐藤美智男プロのご紹介

「大工さんが住みたいと思う家」を建てていく(2/3)

佐藤美智男 さとうみちお

職人社長の考える理想の家

 「私は伸和ハウスで働く職人だったんです。ところが現場で大きな怪我をしまして、職人の道をあきらめざるを得なかった。そこから営業などの仕事もさせてもらいました。社長になるなんて、夢にも思いませんでしたね。創業者の精神は受け継いでいますが、住宅づくりは日々進歩しています。その波に乗り遅れることなく進化していきたいと思っています」。職人としての良い家というのは、上質な材料を使って、手間暇をかけて建てた、見た目のいい家。職人の技術がはっきりわかる家を建てたいと佐藤さん自身思っていたそうです。しかし、時代が変わるにつれて、自分の考えも変わってきたと言います。

 「高断熱・高気密の家は長持ちするし、温度差も少ない。そういう家を作るべきだし、それが本当の意味での良い家だと思います」。職人から始まり、様々な経験を経て、辿り着いた理想の家。しかし、高性能の家というのはどうしてもコストがかかるもの。職人と住宅メーカーが知恵を絞って、価格を下げることにも挑戦していくと意気込みを語ります。「岩手県にも全国メーカーが進出している。それでも住宅会社は地場産業だと思っています。家は長く使うもの。そばに住んでいる人間が、長く付き合っていくのが使命だと思っています。そして、県内の住宅会社さんがありますが、お互いに情報交換しながら、お客様のためにある家づくりを考えていければ良いと思っています」。理想の家づくりを、自社だけでなく、岩手県全体へと広げていきたいと考えています。

佐藤美智男プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤美智男プロのその他のコンテンツ