まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
佐藤美智男

高い施工技術で、高断熱・高気密のエコ住宅を建てるプロ

佐藤美智男(さとうみちお)

伸和ハウス株式会社

コラム

岩建協の総会 岩手の復興について (岩手県中小建築業協会)

アレコレ日記

2015年5月29日

先日、盛岡にて岩手県中小建築業協会(通称:岩建協)の
平成27年度総会に参加してきました。

岩建協とは、私ども地元に根差した工務店や関連業者が加入しており、
高品質な住宅を消費者の皆様が安心して取得できるための取組みをしています。

高い技術を工務店どうしが互いに研修し合う事でより良いものを
お客様に提供出来るよう、行政との連携をはかって、さまざまな研修等
各種事業活動に取り組んでいます。

今回の総会では、岩手県復興局復興推進課の推進協働課長様より、
東日本大震災津波からの復興の取組み状況について講演いただきました。



・東日本大震災津波による被害状況
・復興計画の概要
・復興に向けた取り組み状況
・復興の現状と課題
・三陸創造プロジェクトクトなど

復興のまちづくりとして面整備は、住民の意向を踏まえながら
事業計画の策定、造成工事を推進中。
■宅地供給予定8,237区画のうち、完成は未だ1,012区画(12%)
■災害公営住宅の進捗状況は5,921戸のうち、3,678戸(62%)が着工、
 1,525戸(26%)が完成している状況。


いわて復興ウォッチャー調査(H27年3月26日公表)より、
半年に1回実施する復興感に関する定点調査。
■被災前と比べてどの程度生活が回復したかの調査結果
「回復した」「やや回復した」が65.9%と前回比13.6%増。


平成25年度までに生活環境に支障のあるすべての災害廃棄物を撤去
■災害廃棄物の最終処理量 618万トン
 →岩手県の一般廃棄物の約14年分に相当する量であるとのこと。

一歩ずつ、着実に復興は進んでおります。

弊社でも被災された方が奥州市に移り住む際、土地からお世話させていただき、
新築住宅を建てていただきました。今年で2年が経ちます。
また、釜石や陸前高田、気仙沼など、沿岸地区での建替工事もさせていただいております。

今後も震災を風化させないよう、住まいづくりを通して、復興へのとりくみを
していきたいと思います。


そして、もうひとかた講演いただいたのは、元めんこいテレビアナウンサーの千葉絢子さん。
「3.11あの日を忘れない」を演題に講演いただきました。

平泉町出身の千葉絢子さん、地元出身のアナウンサーということで
みなさんご存知かと思いますが、えくぼが素敵な方ですね(^_-)-☆

この記事を書いたプロ

佐藤美智男

佐藤美智男(さとうみちお)

佐藤美智男プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤美智男プロのその他のコンテンツ