まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

お客様の声詳細

参考になった2

ファッション・アクセサリー

捨てるしかないとあきらめていた留袖が新品に生まれ変わりました。

2016年5月11日

50代/女性

姪の結婚が決まり、母親の妹がタンスにしまったままの留袖を出してみたところ、なっ、なんとかカビが・・・。ビックリして、もうこれは捨てるしかないと思いながらも、織絵屋さんに相談してみたら、新品に生まれ変わり、ただただビックリでした。

私も30年も眠っていた黒留袖を出してみて、ガク然としました。若々しい色柄とカビのダブルパンチでした。早速織絵屋さんに相談したところ、「大丈夫です。生まれ変わりますよ。」と言われ、お願いしました。

費用も数万円と、思ったほどかからず、、本当に生まれ変わりました。ありがとうございました。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

松山和年プロのその他のコンテンツ

Share