マイベストプロ岩手
松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(まつやまかずとし) / 販売職

株式会社 織絵屋

コラム

盛岡市 着物入門 何から揃えるといいの?長襦袢編①

2021年1月9日

テーマ:着物入門 何から揃えるといいの?

コラムカテゴリ:趣味

 今回は、着物入門者へ長襦袢についてのアドバイスです。

 着物入門者は、どうせ見えないモノだからと安価なプレタの化繊の長襦袢を買う方が多いようですが、あまり、おすすめはできません。

 長襦袢は着物姿の基礎になるものです。寸法が合っていなかったり、また、仕立てが雑なプレタの長襦袢では、キレイな着付けは無理があります。

 私のオススメは、当店で「大うそつきな襦袢」と呼んでいるパーツ式の長襦袢?です。

 肌着にマジックテープで袖を付け、衿を掛けるだけで長襦袢を着ているように見えるものです。

大うそつきな長襦袢

 着丈で着る長襦袢は、どうしても体を動かすたびに、衿まで動いてしまい、着くずれしやすい欠点があります。

 その点、このパーツ式の「大うそつきな襦袢」は、衿は衿だけで固定されますので着くずれがしにくいのです。

 また、袖がマジックテープで裄の長さを調整できるので、譲り受けた着物やリサイクル着物にも裄を合せることができます。

マジックテープで裄寸法を調整

 洗濯も自宅で出来ますので、着物入門者は、最初に、この「大うそつきの長襦袢」から揃えると良いでしょう。

 大うそつきな長襦袢について詳しく知りたい方はお気軽来店、またはお問い合わせ下さい。
 ライン公式アカウントなら、ニックネームでも気軽に聞けます。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com

この記事を書いたプロ

松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(株式会社 織絵屋)

Share

関連するコラム