マイベストプロ岩手
松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(まつやまかずとし) / 販売職

株式会社 織絵屋

コラム

これから和装コートを揃えようと思っている着物美人さんへ

2019年10月29日

テーマ:コート

コラムカテゴリ:くらし

和装コートは雨やホコリなどを防ぐ、また寒さを防ぐ役割の他に、エチケット、マナーとして必要なものです。

これからコートを揃えようという方に、参考にしていただければ嬉しいです。

コートは、最低二枚は必要です。

一枚は「シースルーコート」と呼ばれる透け感のある雨コート。軽くてかさばらず、小さくたたんでもシワになりにくいので重宝します。

二枚目は、寒さが厳しい北国岩手では「輪奈ビロードコート」がおすすめ。厚みがあり、裏地もつけるので空気をたくさんためこみ、とても暖かです。しかも、驚くほどの軽さです。

どちらも無地やボカシ調の無地感のコートがカジュアルからフォーマルまで幅広く着用できます。

おしゃれ上級者は、コートの生地素材や柄模様、また衿の形など、様々なコートを楽しんで下さい。コートを脱いだ時に、意外性の演出ができるのもコートならではの楽しみですね。

コートの丈で悩む方も多いようですが、基本は、雨コートは裾まで、その他のコートは八分丈が間違いないです。床から30㎝までの丈が、最も美しいコート丈と言われます。

羽織丈はそれより2~4㎝ほど短めにして下さい。

和装コートでお悩みの方はご来店ください。また、お問い合わせ下さい。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com/

この記事を書いたプロ

松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(株式会社 織絵屋)

Share
関連するコラム