マイベストプロ岩手
松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

コラム

まるで虹のような72色格子の小千谷縮

2019年4月6日

もうすぐ、蒸し暑い季節がやってきます。

この季節は着物を敬遠する女性も多いと思いますが、そんな季節だからこそ着物姿は凛としてカッコイイのです。

そんな季節におすすめなのが小千谷縮(おぢやちぢみ)です。
小千谷縮は独特のシボがあるので、汗をかいてもべた付かず、またシボを伝って風が通り、とても快適なのです。

新元号「令和」に合わせて織り上がった新作小千谷縮です(下画像)。



経糸に12色、緯糸に6色の糸を使い、経糸緯糸が重なって72色の格子状に織られた小千谷縮です。
帯は2019年春の博多織求評会にて国土交通大臣賞に輝いた博多帯です。

小千谷縮は水に強い繊維なので、自宅で洗濯できます。梅雨時にも、盛夏時にも気兼ねなく着られます。
まるで虹をまとったような小千谷縮で颯爽と歩く素敵な女性を演出してくれます。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com/

この記事を書いたプロ

松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(株式会社 織絵屋)

Share