まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
松山和年

日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

コラム

大人女子に人気の浴衣・雪花絞りとは

2018年4月19日 / 2018年8月24日更新

こんにちは、織絵屋の松山です。 

ここ数年来、大人女子に人気の浴衣と言えば、まるで雪の結晶を染めたような「雪花絞り」の浴衣でしょう。

サントリー「金麦」のCMで檀れいさんが、エビスビールのCMで滝川クリステルさんが、また、三菱エアコン「霧ヶ峰」のCMでは杏さんが着用したのであこがれを持つ女性が多いと思います。

 雪花絞りは、正確には絞り染めではなく板締め染めです。雪花絞りは京都の藤井絞りさんが有名です。

生地を縦に三つ折り、または四つ折りにし、基本的には三角形を作りながら折っていったものを板できっちりと挟んで固定します。これを染料に浸すと、毛細管現象にように染料が浸透し、雪の花が咲いたように染まるのです。

同じ染料を使っても、染料の浸透ぐあいによって、全く同じものは二つと無く、すべてが一点ものになります。

 素材は木綿と麻の混紡で、楊柳や紅梅に織っているので、肌にはりつかず、サラリとした涼しい着心地です。

また、雪花絞りは長襦袢を重ね、白足袋をはけば夏の街着としてお出かけにも着られます。雪花模様は周囲の人々にも涼感を届けてくれことでしょう。

 木綿と麻の混紡ですので、自宅で洗えます。一つ注意したいのは、仕立てる前に必ず水通しをして縮ませて下さい。水通しをしてから仕立てておけば、自宅で洗って、寸法が短くなったと後悔することはありません。

雪花絞りなどの大人女子の浴衣をお探しの方はご来店下さい。
または、こちらからお問い合わせ下さい。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com/

この記事を書いたプロ

松山和年

松山和年(まつやまかずとし)

松山和年プロのその他のコンテンツ

Share