まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
佐藤一裕

オールマイティーな技術を備えた岩手医大歯学部臨床教授

佐藤一裕(さとうかずひろ)

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

佐藤一裕プロのコラム一覧:差し歯と審美性

セラミック治療をしたけれども欠けてしまい、残念な思いをされたことはありませんか?天然の歯のような自然な白さを備えているセラミックですが、強い力が加わると欠けることがあります。そのようなセラミックの短所をカバーする素材が「ジルコニア」です。歯科で使われるジルコニアは、人...

オールセラミッククラウンとは、金属や混ぜ物を一切使っていない完全なセラミックの被せ物のことをいいます。透明感のある自然な歯を再現可能な、非常に審美性の高い素材で、特に前歯の差し歯にオールセラミッククラウンを使用すると、見た目の印象を大きく変えることができます。今回は、...

ハイブリッドセラミックとは、超微粒子セラミックスとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた材料です。セラミックとレジンの中間的な性質を持ち、クラウンやインレー(詰め物)として用いられます。犬歯の後ろの小臼歯に銀歯を入れていると、口を開いて笑ったときに目立って気になるもの...

食事中や外出中に、突然差し歯が取れてしまったら困りますね。特に、取れてしまった部分が前歯だった場合は一刻も早く治したくなるものです。でも、歯科医院でしっかりと治療してもらったはずの差し歯がなぜ取れてしまうのでしょうか?差し歯は人工の歯なので、取れてしまうリスクを抱えて...

しっかりと歯を治療したはずなのに、痛みや腫れに悩まされるのはつらいですね。歯に少しでも痛みがあると、仕事や家事に集中できなくなり日々の生活に大きな支障が出ます。差し歯は、神経の処置などがされているのでトラブルが出やすい箇所です。歯の根が割れて、膿がたまっている場合は歯...

前歯などに差し歯を付けた数年後、歯茎の根元あたりが黒く変色し、歯と歯茎の間に黒いスジが見える状態になることがあります。このような状態を、「ブラックマージン」または「ブラックライン」と呼びます。マージンは「すき間、余白」という意味です。ブラックマージンは痛みなどが出ることは...

差し歯の寿命は、一般的には約10年~20年程度といわれています。しかし「被せ物の状態は良いけれども、歯周病を発症し差し歯が使えなくなってしまった」といったケースも少なくありません。差し歯の寿命は、被せ物、土台、歯の根、歯茎がバランスよく健全な状態を保つことで決まると言ってよい...

虫歯や外傷により歯の大部分を失い、歯の根のみが残った状態のとき、被せ物を根に差し込む治療が「差し歯」です。専門用語では「クラウン」と呼ばれており、さまざまな種類があります。どのような差し歯にするかは、歯の状態を確認した上で歯科医師が患者さんの希望を考慮し決定します。差...

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤一裕プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤一裕

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

担当佐藤一裕(さとうかずひろ)

地図・アクセス

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ