まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
佐藤一裕

オールマイティーな技術を備えた岩手医大歯学部臨床教授

佐藤一裕(さとうかずひろ)

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

コラム

インプラントの治療費用はどのくらいかかる?

インプラント治療

2016年9月23日 / 2018年4月25日更新

歯を失った部分に、人工歯根を立てるインプラント治療。気にはなっているけれども、なかなか治療に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

自由診療であるため、歯科医院によって治療費用がバラバラなことも、歯科医院選びを難しくさせている一因となっているようです。

それでは、各歯科医院が提示しているインプラント治療の費用が良心的であるかどうかは、どのように判断したらよいのでしょうか。http://www.kitakami-implant.com/implant/

インプラントの相場と注意点

インプラント治療は、一人一人の患者さんによって治療内容や難易度が異なります。そのため、費用相場が出しにくいのですが、検査・診断費も含めて1本あたり30~50万円程度といわれています。

インプラント治療には、精密検査・診断、手術、被せ物、メンテナンスなどさまざまな費用がかかるので、それを考慮した上で比較検討することをおすすめします。

1本10万円程度の、格安インプラントの広告を見かけることがあります。安くするために、インプラント本体の費用などを抑えている歯科医院も少なくありません。また、実際にかかる料金の一部のみを表記していることもあるので注意しましょう。

もし、費用が安いインプラントを検討される場合は、次のような点に注意してください。

(1)インプラントのメーカー
確かなインプラントメーカーが製造しているインプラント体であること。

インプラントメーカーは世界中に150社以上ともいわれており、新規参入企業も多いため正確なメーカー数は把握できていないのが実情です。
競争も厳しく、新規参入企業の倒産や撤退なども少なくないようです。メーカーが製造を中止してしまうと、将来保証やメンテナンスを受けられなくなる可能性も考えられます。

(2)CT撮影
10年前は、パノラマレントゲンによるインプラント手術も行われていましたが、今やインプラント治療にCT撮影は必須ともいわれています。

お口をあらゆる角度から3次元画像で確認するCT撮影により、医療の精度を高めることができるのです。

(3)被せ物の素材
上部構造(被せ物)の素材と品質を確認しましょう。耐久性や使用感は素材によって違います。安価な素材の場合は、使っているうちに変色や破損などが起きることもあります。

(4)医師の技術力
インプラント手術は、歯科医師の経験と技術力が要求される治療です。毎日、食事のたびに使い続けるインプラントは自分の体の一部です。「格安」という理由だけで、歯科医院を選ぶのは危険です。実績があり治療技術が高い歯科医師を選ぶことをおすすめします。

(5)保証
保証があると治療後のメンテナンスについて安心できますね。保証期間、保証内容、保証範囲、適用条件の他に、保証書が発行されるか否かも確認するようにしましょう。

「北上インプラントデンタルオフィス」のインプラント治療

当院はインプラント治療として、「シンプルインプラント」「プレミアムインプラント」の2コースを用意しています。

【シンプルインプラント費用】
あごの骨量が十分残っており、抜けた歯が少ない場合はシンプルインプラント治療となります。費用は総額で1本約30万円です。

費用の内訳は、下記の通りです。

サージカルガイド費(1~2本)・・・4万円
インプラントを埋め入れる手術費・・・10万円
アバットメント(支台)費・・・6万円
被せ物費・・・10万円~

【プレミアムインプラント費用】
歯周病などであごの骨が大きく溶けてしまった方や、抜けた歯の本数が多い場合は、プレミアムインプラントとなります。費用は総額で1本約40~45万円です。

費用の内訳は、下記の通りです。

サージカルガイド費(1~数本)・・・8万円
インプラントを埋め入れる手術費・・・15万円
アバットメント(支台)費・・・6万円
被せ物費・・・10万円~

基本的にインプラントは自由診療

インプラント治療で保険が適用されるのは、「腫瘍や顎骨骨髄炎による病気」「事故などの外傷などにより、あごの骨が広範囲で欠損している」「生まれつきの病気であごの骨が広範囲で欠損している」「あごの骨が形成不全の状態」などの限られた症例です。

なおかつ、入れ歯やブリッジによる治療では回復が見込めない場合にのみ保険が適用されます。また、保険適用のインプラント治療は、厚生労働省で定められた条件を満たす医療機関でのみ受けることができます。

加齢や虫歯、歯周病など一般的な原因で歯が抜けた時は、残念ながら保険は適用されません。

一般的な歯科治療に比べて高額だと感じる方も多いと思いますが、費用がかかる理由として、「保険適用外であること」「上にかぶせる上部構造(被せ物)や、インプラント(人工歯根)の原価自体が高額であること」「入れ歯やブリッジ治療と異なり、手術が必要で従来の治療よりもコストがかかること」が挙げられます。

しかし、多くの臨床データで、インプラントは定期的なメンテナンスにより、長期間安定して使えることが明らかになっています。

また、硬い食べ物がしっかりとかめるようになるなど、天然の歯とほぼ同様の使用感を得られます。健康的な生活を目指せるインプラントは、検討に値する治療であるといえるのではないでしょうか。

なお、インプラント治療は医療費控除の対象となります。医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、治療費と総所得金額に応じて所得税が減額される制度です。申請時に領収書が必要ですので、医院が発行した領収書をなくさないように保管してください。

*矯正治療*インプラント治療*審美歯科

この記事を書いたプロ

佐藤一裕

佐藤一裕(さとうかずひろ)

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤一裕プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤一裕

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

担当佐藤一裕(さとうかずひろ)

地図・アクセス

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ