まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
佐藤一裕

オールマイティーな技術を備えた岩手医大歯学部臨床教授

佐藤一裕(さとうかずひろ)

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

コラム

差し歯が取れる原因は!? 取れた場合の対処法

差し歯と審美性

2016年9月9日

食事中や外出中に、突然差し歯が取れてしまったら困りますね。特に、取れてしまった部分が前歯だった場合は一刻も早く治したくなるものです。

でも、歯科医院でしっかりと治療してもらったはずの差し歯がなぜ取れてしまうのでしょうか?

差し歯は人工の歯なので、取れてしまうリスクを抱えているのは事実です。
万が一、外れてしまった時のため、正しい対処方法を知っておくと、いざというときに慌てなくてすみます。

今回は、差し歯が突然取れてしまう理由や、自分でできる応急処置などについてご紹介します。

差し歯が取れる原因について

【差し歯のかみ合わせが強い】
歯ぎしりなどが原因で、かみ合わせが悪く差し歯だけが他の歯よりも強くぶつかる場合があります。

日々衝撃が積み重ることで、差し歯の金属と歯を取り付けている歯科専用の接着剤が割れ、差し歯が取れてしまうことがあります。また、歯の根が縦にひび割れた場合は、土台ごと差し歯が取れてしまいます。

【金属の劣化ですき間ができる】
差し歯治療に金属を使っている場合、金属の劣化により、歯の根と差し歯の間にすき間ができて取れてしまうことがあります。

【虫歯になる】
差し歯は歯科専用の接着剤で付いていますが、虫歯になると歯と接着剤の間に隙間ができて取れてしまいます。神経がない歯は痛みがないので、気がつかない間に虫歯が進行していることも少なくありません。

最近の差し歯は強力な歯科専用の接着剤を使って接着しており、簡単に外れないようになっています。それが取れてしまったのは一大事で、すぐにでも歯科医院に駆け込まなければいけない状態だと考えてください。

取れた場合の対処法

【差し歯を容器に入れて保管する】
まず、取れてしまった差し歯は容器に入れるなどして保管してください。ティッシュペーパーで包むと、大切な差し歯をゴミと間違って捨ててしまう可能性があります。

なくさないように保管し、歯科医院に持っていきましょう。もしそれが劣化して使えなくなっていても、前歯などの被せ物であれば仮歯として使える場合もあります。

【休日や夜間は、休日夜間診療所で受診する】
平日に差し歯が取れた場合は、できるだけ早くかかりつけ医に診てもらうようにしてください。もし、休日や夜間に突然差し歯が取れてしまった時は、休日夜間診療所で治療を受けましましょう。

【差し歯が抜けた部分を清潔に保つ】
柔らかい歯ブラシで患部を傷つけないように優しく磨き清潔に保ってください。

また、神経が残っている歯の場合は痛みを感じるので、熱いものや冷たいものを飲食すると痛みがより強くなることがあるので控えるようにしましょう。

差し歯が取れた場合にやってはいけないこと

【家庭用接着剤は絶対に使わない】
抜けた箇所が前歯の場合は目立つので、自分で何らかの応急処置をしたくなるかもしれません。

ですが、家庭にある瞬間接着剤での固定は絶対にしてはいけません。瞬間接着剤は人体に有害な物質が含まれているだけでなく、接着力が強いので差し歯の土台などに負荷がかかります。差し歯が抜けた箇所を人に見られたくない時は、マスクなどをして過ごし、できるだけ早くかかりつけ医に診てもらってください。

【取れた差し歯を無理に戻さない】
取れた差し歯は、無理に戻さないでください。無理に戻すことで差し歯が変形し、噛みあう歯が欠けることがあります。

取れた差し歯を無理に戻して使っていると、食事中などに間違って飲み込んでしまうこともあります。また、取れた差し歯が気管に入ると窒息の可能性もあり非常に危険です。

自分で強引に戻しても治療していないので、また取れる可能性が高く、歯の根が割れて取れた土台に差し歯を戻すと、割れ目から細菌が侵入し、歯茎が腫れ上がることもあります。

【取れた差し歯を放置する】
取れた差し歯を治療せずに放置すると、虫歯が急速に進行します。本来、歯の健康は硬いエナメル質で覆われていることで守られています。

差し歯になった場合は、差し歯がエナメル質の代わりに、歯を口の中の細菌から守る役割を果たします。もし、治療を受けずに差し歯がない状態で過ごし続けると、細菌が歯の内部で増殖して虫歯が一気に進行してしまいます。

差し歯を取れないようにするためのケアについて

差し歯が取れないようにするには、普段のケアが大切です。差し歯の治療が終わった後も、歯科医院で定期健診を受けるようにしてください。

また、差し歯の両サイドの歯が虫歯になったり歯茎が弱ったりすることで、差し歯が取れてしまうこともあります。そのため、日頃から丁寧な歯磨きを心がけることが、差し歯のケアだけでなく口腔全体の健康につながります。

ケアとは言えないかもしれませんが、思い切ってインプラントを検討してみるのも良いかもしれません。インプラントは見た目も美しく、折れたり取れたりするリスクも差し歯より低いですし、何より自分の歯と変わらない力でかむことができるようになります。

*矯正治療*インプラント治療*審美歯科

この記事を書いたプロ

佐藤一裕

佐藤一裕(さとうかずひろ)

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤一裕プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0197-72-5722

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤一裕

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

担当佐藤一裕(さとうかずひろ)

地図・アクセス

佐藤一裕プロのその他のコンテンツ