まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
平賀サツキ

丁寧な問診と施術で健康へ導く鍼灸のプロ

平賀サツキ(ひらがさつき)

花うさぎ鍼灸院

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

コラム

気(き)について

痛くない鍼治療

2018年3月2日

前回の投稿で、経絡という線路の中を気血(きけつ)という電車が走っているというお話をしました。

今回は、そのうちの【気(き)】についてお話したいと思います。

鍼灸学校に入学して一番初めの授業で先生に出された課題、それは 「気という言葉がつくものをあげなさい」 というもの

考えてみると、沢山あります。電気に始まり、元気、湯気、、空気、気合い、気力・・・、そして「気が合う」「気疲れした」「気分がいい、悪い」など無意識に使っています。

気とは・・・そう、目には見えません、把握できません、でも物を動かしている、存在している不思議な力を言います。

都会から帰省され来院される患者さんはよく 「田舎の空気は美味しい」 とか「都会の空気はおいしくない」と言われます。空気って味がありますか?
そして「気が合って意気投合した」等と言う言葉も<気が合う>というのは、何となく感じるだけで実際見える訳でありません。同様に「元気がないな」と言われても、表情などから感じられますが、元気そのものは見る事ができません。気分も(自分の体の気の巡りが)良いと感じられる物です

このように実際触れる事が出来ない、見えない、でも表情や仕草などから感じられる物が【気】と言われております。

よく【病は気から】と言われますが、鍼灸師になってこの言葉を強く実感するようになりました。
【病は気(の流れ)から】なのです。

よく、疲れていても「気のせい」と無理をされている方が多いです。そんな方は要注意ですよ!!!
【気の(流れが良くない)せい】なのですから。

東洋医学では気の病をそのままにしておくと、血(けつ)の病〔慢性化〕に発展するといわれています。※血については、また次回。

睡眠や入浴などリラックスする時間を設けて気分転換してみて下さい。気分転換も≪気≫ですね

気の流れを良くする意味で鍼灸治療も有効ですよ

花うさぎ鍼灸院

この記事を書いたプロ

平賀サツキ

平賀サツキ(ひらがさつき)

関連するコラム

平賀サツキプロのその他のコンテンツ

Share

平賀サツキプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平賀サツキ

花うさぎ鍼灸院

担当平賀サツキ(ひらがさつき)

地図・アクセス

平賀サツキプロのその他のコンテンツ