まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
平賀サツキ

丁寧な問診と施術で健康へ導く鍼灸のプロ

平賀サツキ(ひらがさつき)

花うさぎ鍼灸院

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

コラム

更年期の過ごし方、老年期の準備期間として乗り切る

更年期の体の不調

2016年2月23日 / 2017年3月6日更新

45歳~55歳ぐらいの更年期になると身体の不調を感じる人がいます。いつまでも若いままの姿で若い人たちと同じように活動できればいいですが、年を重ねると身体も容姿も少しずつ変化していくのは仕方のないことです。

でも、「自分は老いてしまった」と気持ちまで落ち込んでは余計に身体の調子が悪くなってしまいます。生き生きとした更年期を過ごすためにはどんなことが必要でしょうか?

まずは健康に過ごせることが大切


更年期を生き生きと過ごすためには、何よりも健康であることが大切です。適度な運動、規則正しい生活、バランスが取れた食事など、気をつけるべき所はたくさんあるでしょう。

しかし、健康的な生活を心がけていても、身体の不調が訪れることがあります。更年期になると、身体から性ホルモンの分泌が減っていくので、それによって不調「更年期障害」が出てくることがあるからです。この更年期障害は症状に個人差があり、ほとんど何もなく終わる人もいれば、日常生活に支障が出てしまうほど苦しむ人もいます。

更年期障害は、今まで健康的な生活を心がけていても症状が出てしまうこともあるのです。

体調が悪い時の過ごし方

更年期に、どうにも身体の調子が良くない時には、無理をしないことが大切です。まったく何もせず、ダラダラと過ごすのは良くないですが、疲れたら休むようにしましょう。

そして、更年期には体の不調のほか、性ホルモンの減少が原因で精神的な浮き沈みも多くなりがちです。
精神的な健康も更年期を生き生きと過ごすためには大切なことです。体調が悪いことにとらわれるのではなく、気分転換ができるような趣味や楽しみを見つけることもおすすめです。
リラックスができるように、温泉などで気持ちと身体をほぐすのも体調を整えるのにいいかもしれません。鍼灸治療も全身の気血の巡りを良くしてくれるのでお勧めです!!

更年期は老年期への通過点

日本人の平均寿命が伸びている中で、更年期はまだまだ老年期への道の通過点です。老年期に楽しく過ごすための準備期間として、更年期を過ごしてみてはどうでしょうか?

老年期は、更年期よりももっと加齢による老化が進んだ状態になります。老年期にはますます以前のように動けなくなったり、物が見えにくくなったり、聞こえにくくなったりします。

そんな時に、おおらかな気持ちで自分を受け入れる練習をするぐらいのイメージで、更年期を過ごすと精神的にも穏やかに過ごせるのではないでしょうか。
誰もが歳をとり老いるものです。自分を受け入れながら、自分らしく過ごせるようにしましょう。

この記事を書いたプロ

平賀サツキ

平賀サツキ(ひらがさつき)

平賀サツキプロのその他のコンテンツ

Share

平賀サツキプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平賀サツキ

花うさぎ鍼灸院

担当平賀サツキ(ひらがさつき)

地図・アクセス

平賀サツキプロのその他のコンテンツ