まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
平賀サツキ

丁寧な問診と施術で健康へ導く鍼灸のプロ

平賀サツキ(ひらがさつき)

花うさぎ鍼灸院

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

コラム

更年期の年齢、いつからはじまる?

更年期の体の不調

2016年2月15日 / 2017年3月6日更新

更年期という言葉を聞いたことはありませんか?
女性で言うと、閉経の前後45歳~55歳ぐらいの年齢を指します。更年期には、加齢によるホルモンバランスが崩れることが原因で、自律神経失調症や情緒不安定になってしまうなど、体調不良に陥りやすい時期でもあります。
加齢によるホルモン減少は避けられません。更年期は体、心の変化に上手に付き合っていくことが大切です。

更年期にはどんな身体の変化が起きるの?

男女問わず、高齢になってくると体内の男性ホルモンや女性ホルモンが減少していきます。この性ホルモンの減少が、自律神経失調症や情緒不安定を引き起こすことがわかってきました。このような性ホルモンの減少が原因で起こる体調不良を更年期障害と呼びます。

具体的には、発汗、ほてり、疲労感などの身体の不調が数年続いたり、イライラと憂鬱を繰り返したりするのです。
しかし、これらの症状は、軽い人もいれば重い人もいて個人差がありますし、あっという間に症状が落ち着いてしまう人もいれば、長く悩む人もいるのです。

中には、更年期障害に悩まされない人もいるので、心配をし過ぎないことも大切かもしれませんね。

更年期障害が始まる年齢とは?

更年期障害の症状の現れ方に個人差があるように、始まる年齢にも個人差があります。
女性であれば、閉経の前後から起こることが多く、45~55歳ぐらいから症状が出始めることが多く、男性も同じぐらいの年齢から男性ホルモンが低下していくので、45~55歳ぐらいから更年期障害に悩む人が多いようです。

今まで生み出されてきた性ホルモンが減少してしまうことで、身体は不調になりますが、減った状態に身体が慣れれば、症状が軽くなっていくと言われています。

この記事を書いたプロ

平賀サツキ

平賀サツキ(ひらがさつき)

平賀サツキプロのその他のコンテンツ

Share

平賀サツキプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0198-29-5534

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平賀サツキ

花うさぎ鍼灸院

担当平賀サツキ(ひらがさつき)

地図・アクセス

平賀サツキプロのその他のコンテンツ