まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
田中敦

十人十色の個性に向き合い支援する補聴器相談のプロ

田中敦(たなかあつし)

補聴器1番館

お電話での
お問い合わせ
019-661-3381

コラム

また一人、気に入った補聴器がみつかりました。

盛岡市緑が丘・認定補聴器専門店/補聴器1番館の田中敦(たなかあつし)です。

いつも読んで下さりありがとうございます。

読書が日課のわたしですが
夜 一人で読んでいると鈴虫の声に秋を感じます。

みなさまの所ではどうですか?

さて、早速ですが「本日のテーマ」
また一人、気に入った補聴器がみつかりました。


でもその前に。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
もしかしてあなたも こんな認識で補聴器という商品を見ていたのなら
「注意」が必要です。

補聴器は、
①どこで買っても同じ変わりない。
②知名度のある最初に頭に浮かんだ「あの」店で。
③きっと間違いない(長くやってる・大き店だし)

しかし、こんな考えで補聴器を購入してみたものの

①何回調整してもらっても思ったような聞こえにならない!
②店員に、慣れが必要です・慣れましょうと最後には一方的に言われる。
③不満。

もちろん全ての人がそうなるわけではありませんが、
補聴器に対する 世間一般の評価の低さに
現れているのではないでしょうか。

ですが、
同じ補聴器でも気に入って喜んでいただける方も
大勢おられます。

この違いはどこから? なんで?

喜んで使えている人と 使えていない人の違いの1つに
「相性」が在ると思います。

この場合の「相性」を例えるならば、

例えば「化粧水」
同じ化粧水であっても人によっては「しっくり」くるものもあれば
逆に「赤く肌が反応してしまったり」。


人それぞれ体質によって分かれてきますよね。
補聴器においては「音の質感」に現れてくるのではないでしょうか。

基本的におおかたのお店は
自社にとって都合の良い製造メーカーを見せます(提案・紹介)。

しかし「そのメーカー」が必ずしも「あなた」の肌(音の好み・許容)に合うかどうかは
また別 「問題」。

これこそが買う側にとって「重要な項目」になってくると
認識してほしいのです。

この点に関していえば買う側の知識不足も在るのではないでしょうか。
(それぞれの販売店がそれぞれに自社にとってよい・都合よいメーカーを取り扱う
こと自体 なんら非難されるものでもないのですから)
(但し、販売する側にまったく非が無いといっているのではありません)

あなたはどう思いますか?
あなたも補聴器を使えて喜べる仲間に入り
たいとは思いませんか?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


全てのお客様が書いてくれるわけではありませんが、
今回も私にとって励みとなるお言葉を頂戴しましたので
この場をかりましてご紹介させていただきます。
(ご本人様から承諾を得ています、次の方の参考になるのであればと)

その内容がこちら、






今回こちらのお客様は眼鏡の兼業店さんで補聴器購入の経緯がありました、
当店の経営方針に共感を頂きご購入に至りました。

もちろん所有の補聴器を活かせることが最善と思うのですが
過去の経験から気に入っていない補聴器を店を変え再調整したとしても
思ったような結果にはならないと思います。

このあたりはご本人様が一番納得されているようでした。
今回ご注文いただいた機種はO社の機種。

気に入って使いやすい補聴器が見つかり良かったです。


書き込んで下さった内容はあくまでもご本人の感想であり
効果効能を保証するものではありません。
この点はご了解の上で参考にされてください。



補聴器1番館のホームページは、
http://www.e-hochouki.com/

補聴器1番館のアメーバブログは、
https://ameblo.jp/e-hochouki/

相談申込み電話番号はこちら

「マイベストプロを見た! 」とお電話口で、お伝えください、
019-661-3381(ミミヤイチバン)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
① 技術と情報は有料で提供する店。
② ユーザーさまであっても 事前予約制予約者様最優先。
③ 注文の是非は最後の最後、どなた様もまずは体験レンタルより。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


[お会いしたかったです(あなたを)お待ちしておりました]
020-0117
盛岡市緑が丘三丁目10-7 補聴器1番館
(ローコスト補聴器研究会事務局)
T019-661-3381 F019-656-7970

喜怒哀楽、いろんな感情の変化を味わえる
とても良い一日を今日も過ごしています。 -有難う・感謝-

この記事を書いたプロ

田中敦

田中敦(たなかあつし)

田中敦プロのその他のコンテンツ

Share

田中敦プロのその他のコンテンツ