マイベストプロ石川

コラム

マイナンバーカードの健康保険証利用

2021年10月11日

コラムカテゴリ:くらし

マイナンバーカードが健康保険証として利用できる一体化が、いよいよ令和3年10月20日より本格的にスタートします。
マイナンバーカードは現在、コンビニでの住民票発行、行政手続きのオンライン申請、e-Taxによる確定申告などの利用が可能で、次の段階としての保険証利用ですが、医療機関はマイナンバーカードを読み取るための「カードリーダー」を導入する必要があり、導入件数がまだまだ少ないのが現状です。
厚生労働省は令和5年3月末までに全国の医療機関で概ね利用できるように整備を進めていくそうです。
マイナンバーカードとは、12桁の個人番号が裏面に記載されたカードで、ICチップが組み込まれており、「氏名」「住所」「生年月日」「顔写真」に加えて、「公的個人認証サービスによる電子証明書」の情報がデジタルデータとして記録されています。
これによって、他の医療機関や薬局とも情報共有を図ることができます。
ゆくゆくは、各役所で保有していた情報をマイナンバーでひもづけして、情報を一元化し、煩雑な手続きを減らしていく予定です。
現在、政府はマイナンバーカードの普及促進に力を入れていますが、国民の反応は必要性が感じられず今ひとつのようです。
しかし、健康保険証と一体化すれば、より便利になり普及が進むかもしれません。

この記事を書いたプロ

冨田義広

人事・労務支援のプロ

冨田義広(冨田社会保険労務士事務所)

Share

冨田義広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-255-7573

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

冨田義広

冨田社会保険労務士事務所

担当冨田義広(とみたよしひろ)

地図・アクセス

冨田義広プロのコンテンツ