マイベストプロ石川
高作義明

先端のITを活用したビジネスで地域を活性化するプロ

高作義明(たかさくよしあき) / ITビジネスプロデューサー

株式会社トリプルウイン

高作義明プロのご紹介

地域活性化事業で“消滅する地方”に光を灯す(1/3)

高作義明 たかさくよしあき

「故郷がなくなる」危機感からワイナリーを立ち上げ

深刻な過疎化が進む奥能登・門前町。そこで地域活性化をとことん追求している人がいました。株式会社トリプルウインの代表、高作義明さんです。高作さんはMBAを持つ知識と、三十年以上IT業界で活躍した実績、ワイナリーの創業という経験を生かしながら、“消滅しようとしている地方”の未来を切り開いています。

一見、物静かな印象を受ける高作さんですが、お話を伺うと、その胸には地域活性化への情熱があふれていました。

経営学の大学院修士を卒業してMBAを取得。三十代の時にIT業界へ飛び込み、科学ジャーナリストの道へ。これまでに約270冊ものIT関係の書籍を執筆。マイクロソフトを創業する前のビル・ゲイツ氏と交流したり、オン・ザ・エッヂ時代の堀江貴文氏から助言を求められたこともあるのだとか。

横浜を拠点に仕事をしていましたが、過疎化、高齢化が進む故郷・門前町の現状を目の当たりにして愕然とします。「このままでは大げさではなく故郷がなくなってしまう」。そんな危機感から門前町へ移住。地域活性化を真剣に考えるようになりました。

発達障害を抱える児童に接する機会もあったことから、「こういった子どもたちに青空の下、のびのび仕事をしてほしい」と思い、農業や6次産業に着目。「奇跡のリンゴ」で有名な青森県のリンゴ農家、木村秋則氏を訪ねるなど全国を駆け巡って方策を探り、最終的に「カーブドッチ・ワイナリー」(新潟県)の存在を知りました。同ワイナリーの創設者、落希一郎氏は高作さんの熱心さを受け入れ、高作さんの息子にノウハウを伝授。門前町に全く新しい産業としてワイナリーを立ち上げる運びとなったのです。

Share

高作義明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-3018-9983

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高作義明

株式会社トリプルウイン

担当高作義明(たかさくよしあき)

地図・アクセス

高作義明プロのコンテンツ