まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
竹村洋

家庭教師と塾で算数と数学を教えるプロ

竹村洋(たけむらひろし)

数塾

お電話での
お問い合わせ
076-256-3936

竹村洋プロのコラム一覧:教育

教育

2016-06-21

 小学生低学年の塾通いは必要? 中学受験の有無にかかわらず、小学生低学年(1年生~3年生)での塾通いは必要ありません。小学生低学年の間は自宅での学習が基本です。低学年で重要なことは「学習習慣の確立」と「親子のコミュニケーション」です。「共働きで一緒に勉強する時間がない」...

教育

2016-05-17

 数塾の教育方針でもある「褒めて伸ばす」 褒められて嬉しくない人はいません。誰しも『承認欲求』(褒められたい、認められたい)を持っており、それが「やる気」にもつながります。子どもにとって「褒められた」ということは、脳の中で快感となり、「うれしい」「楽しい」「もっ...

教育

2016-05-09

 最近の通信教材(通信教育)とは 学習塾や家庭教師を選ぶ前に、通信教材(通信教育)での学習を試すご家庭が多いのではないでしょうか?昨今の通信教材は、各社とも見やすく、自発的に取り組む意欲をかきたてる内容になっていて、ゲーム感覚で取り組めるなど、飽きさせない工夫も随所に見...

教育

2016-05-06

 やる気を無くさせるNGワード 「なんで何度も同じ間違いをするの」「○○くんみたいに頑張りなさい」「こんな簡単な問題がどうしてわからないの」「宿題やりなさい」「勉強しないならゲームを取り上げるよ」「先生から成績が落ちてるって言われたよ」などの言葉は子どもに行っていま...

教育

2014-04-29

国語が苦手な子の多くは、ボキャブラリー(語彙力)が不足しています。一つ一つの言葉の意味をはっきり理解していない。文章を読んでいるときに言葉の意味がわからないのは国語において致命的です。語彙力の差は家庭での使っている言葉の差と大きく関係します。「何となく知っているけど...

教育

2014-02-06

「9―3÷1/3+1=?」(1/3は、3分の1)みなさん、この計算問題が解けますか?(答えは「1」)朝日新聞に以下の記事がありました。 「9―3÷1/3+1」(1/3は、3分の1)の答えは? ある大手自動車部品メーカーが、高卒と大卒の技術者の新入社員をテストしたところ、正答率は4割にとどまっ...

教育

2013-10-27

奨学金は、「国・地方公共団体」、「民間団体」、「各大学・学校」などが行っております。その中でも最も多くの学生に利用されているのが「日本学生支援機構」です。日本学生支援機構が行っている奨学金には、無利息の「第一種奨学金」と利息付の「第二種奨学金」があります。どうせなら第一...

教育

2013-10-25

現在、大学生の2人に1人が何かしらの奨学金を受けています。奨学金というと聞こえはいいですが、簡単に言えば借金です。毎月10万円の奨学金を受けた場合、4年間の総額で480万円、これに利子がついて返還総額は約650万円になります。(日本学生支援機構 奨学金ガイド2013)この場合ですと、学...

教育

2013-05-11

人のモチベーションには、「外発的モチベーション」と「内発的モチベーション」の2種類がある。「外発的モチベーション」とは、・勉強しないと怒られるから勉強する・テストで良い点とれば何か買ってもらえるから勉強するといったようなモチベーションである。「内発的モチベーション」とは...

教育

2013-03-23

自己効力感(やればできるという感覚)を高める方法として、成功体験が重要であると言われています。これは子どもの頃では、「頑張って勉強したらテストの点数が上がった、受験に合格した」「部活動を頑張って練習したら、レギュラーになれた」などの成功体験を経験した子は、高い...

教育

2013-03-21

「目標は高いほど良い」とよく耳にします。しかし、教育心理学では「やればできそうな目標」がベストだと考えられています。その例として、バンデューラが提唱した自己効力感理論というものがあります。自己効力感理論とは、期待効果:努力すればいい結果が得られるという期待効...

教育

2013-03-13

ピグマリオン効果という言葉をご存知でしょうか?教育心理学における心理的行動の一つで、「相手を信じ、期待すると期待された通りの結果を出す傾向にある」というもうのです。これは、アメリカの心理学者ローゼンタールによって次のような実験が行われました。ある小学校の...

竹村洋プロのその他のコンテンツ

Share

竹村洋プロのその他のコンテンツ