まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
竹村洋

家庭教師と塾で算数と数学を教えるプロ

竹村洋(たけむらひろし)

数塾

お電話での
お問い合わせ
076-256-3936

コラム

忘れることは当たり前?

勉強方法(学習方法)

2014年4月15日 / 2014年6月19日更新

「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか?



ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが、
無意味な3つのアルファベット(suk,tad,ket,など)を、
被験者にたくさん覚えさせたところ

20分後:42%
1時間後:56%
 1日後:74%
1週間後:77%
1ケ月後:79%

忘れてしまうという結果が出ました。

この結果から、記憶は短時間で多くのことを忘れてしまい、
ある程度時間が経つと記憶には、さほど変化がないと考えられます。
このことから、「忘れることは当たり前」、「復習の必要性」、「復習のタイミング」
など、さまざまなことが考察されています。

確かにこの結果だけを見ると、
せっかく暗記しても短時間で多くのことを忘れてしまい、
何度も復習をしなければならないように感じますが、
この実験はあくまで意味のない文字をただ丸暗記しようとした場合であるということです。


意味を理解せずに、多くの時間をかけて、ただただ丸暗記しても時間の無駄であり、
非常に非効率であるということです。

復習をすることは記憶を保持するためには必要ですが、
まずは暗記を始める前に、それの意味を理解するということが重要だということです。

意味を理解することに多くの時間をかけ、さまざまことと関連付けながら暗記することは、
手間はかかりますが、そのようにして覚えたことは、長期の記憶となり、結果、効率的な暗記となります。

急がば回れ

まずはじっくり時間をかけて、理解と関連付けに取り組みましょう。

この記事を書いたプロ

竹村洋

竹村洋(たけむらひろし)

竹村洋プロのその他のコンテンツ

Share

竹村洋プロのその他のコンテンツ