まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
平田博盛

洋服という文化を通じて心を豊かにする紳士服のプロ

平田博盛(ひらたひろもり)

紳士服(株)ひらた

平田博盛プロのご紹介

心を豊かにする紳士服のコンシェルジュ(3/3)

平田博盛 ひらたひろもり

能登から加賀まで出張採寸に出向きます

さらにオーダーメイドについての思いを語る平田さん。「満足してもらうのは当たり前。私は満足の半歩先を目指して、サプライズもお届けしたい」とのこと。平田さんは時に内緒で、便利な隠しポケットを付けてあげたりするそうで、「あれ?これは何?」という嬉しいサプライズも用意していることを明かしてくれました。

そういった心づかいは手間ひま掛かります。しかし、「効率だけを考えるのであれば量販店と変わりません。非効率であることにウチらしさがある」と真剣な表情。そんな評判が口コミで広がり、普段の仕事で着用するビジネスマンはもちろん、「歌の発表会に着る特別なスーツを作りたい」といった方など、さまざまな人たちからオーダーメイドの注文が相次いでいます。

ある時は、車いすで生活している人から結婚式用の礼服を頼まれたこともありました。平田さんは、車いすに座った状態でもスーツの形が崩れないように上着のデザインを工夫。機能性も追求して仕立てたところ、大いに喜ばれたのだとか。「そうやって完成した一着を着た時に見せてくれる笑顔が何よりものやりがいですね」とにっこり。

県内であれば能登から加賀まで出張して採寸するサービスも好評。今後は、「カウンターに座っただけで好きなものが出てくる料理店ってありますよね。ああいった洋品店にしたいんですよ」と笑う平田さん。大量生産された洋服が消費される時代だからこそ、平田さんのような存在が顧客から求められているのだと実感して取材を終えました。

(取材年月:2015年6月)

3

平田博盛プロのその他のコンテンツ

Share