まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
坂本祐央子

組織で力を発揮できる人材を育てるプロ

坂本祐央子(さかもとゆみこ)

株式会社シェヘラザード

コラム

メンバーを育てるってどういうこと?

「わからない」で思考を止めない方法があります


考えている時に答えが見つからなくて困ることってありませんか?
「わからない、どうしよう」で思考が止まってしまうことはありませんか?
これは考えてることが自分に問いかける質問ではないため、起こる現象です。
質問ではないので、考えが止まります。

例えば、
・どのような道筋なら理解が進むんだろう
・どんなことがわかれば一つめの階段を登れるのだろう
など、いろいろなことが考えられます。

質問の形で、自らに問いかけるとすごくわかりやすくなります。
「わからないと思っているから、わからないんだ」
「わかることとわからないことが明確になる」
など、自らに問いかけるというのは思考をする上で、とても重要になります。

メンバーを育てるってどういうこと?メンバーに聞いたことがありますか?

マネージャーの視点として気にかけていることは?


マネージャー視点では、気にかけていることはたくさんあります。
こんな問いかけが必要になってくることがあります。

例えば、
・私達にとっていいチームって何?
・私達にとって大切にしたいことは何?
・チームとしてどんな方向を目指していきたいと思っている?
などがあります。

マネージャー側からすると、今あげた例の言葉をメンバーに聞いたことがないという声がたくさんあります。

しかしながら、メンバーにこういった問いかけをしたら何が起こるか、と聞くと、こう返ってきました。
「ワクワクする!」
チームに対して良質な問いを持っているか、が必要になってきます。

チームリーダーやマネージャーの方々には、そういったことに気を配って、部下の育成に気を使っていきたいものですね。


===コミュニケーションのスキルをつける研修なら===
こんなかたのために、研修を行っています

・職場のコミュニケーションに悩んでいる人
・コーチングスキルをつけてリーダーとして部下により深く接していきたい人
・ミーティング(カンファレンス)を変えたい人
・ファシリテーション力をつけて、職場で「聴く」ことを実践したい人

講師 坂本祐央子

この記事を書いたプロ

坂本祐央子

坂本祐央子(さかもとゆみこ)

坂本祐央子プロのその他のコンテンツ

Share

坂本祐央子プロのその他のコンテンツ