まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
坂本祐央子

組織で力を発揮できる人材を育てるプロ

坂本祐央子(さかもとゆみこ)

株式会社シェヘラザード

コラム

カンファレンスの種類ってありますよね? 種類を分析して、話し合いを正しい方向に導くためには

今やっているカンファレンスはどんな種類のカンファレンス?


話し合いをうまく進めるには、どんなカンファレンスをしているのかを知る必要があります。
例えば、情報共有なのか、確認なのか、アイディア出しなのかがわからないと、会議が行き詰まったり、空転したり、話が脱線することもあるでしょう。
その種類の会議をこのメンバーでやる必要があるのか、という会議そのもののあり方にも関係してくる問題です。

例えば、
・リーダーとスタッフだけで情報共有する→本当は他の人にも伝えるべきでは?
・新しいやり方のアイディア出しの場なのに、リーダーたちしかいない→スタッフの忌憚ないアイディアも欲しい
などがあります。

ですので、今やっているカンファレンスはどんな種類のカンファレンスなのかを一度見直してみましょう。
うまくカンファレンスを種類ごとに分けることができれば、会議の必要性や、メンバーの再編成など、意外にやることはたくさんあるかもしれません。

どんな種類のカンファレンスがあるの?

参加者のすべきことがはっきりしいない場合に、話し合いがうまく進まない傾向にある



カンファレンスの問題として、カンファレンスの種類がわからずに進めていると、話し合いがうまく行っていない場合があります。
これはカンファレンスの種類が定まっていないため、カンファレンスのゴールが見えていないのです。そのため、参加者たちがするべきことをわかっていないということにつながってしまうのです。
これを回避するには、まず第一にカンファレンスの種類をちゃんと定めましょう。
次に参加者たちとゴールを確認しましょう。

・情報共有の場であれば、正しく全員に情報が伝え切れていること
・確認の場であれば、全員確認事項をもれなく確認できること
・アイディア出しの場であれば、何個と決めた数までアイディアを出すこと
このようなゴール設定ができます。

まずはこういったカンファレンスをよくしていく手段をとってみるのが、質の高い、生産性のあるカンファンレンスへの近道です。

より良い方法を学ぶためには、マネジメントスキルセミナーに参加してみるのはいかがでしょうか。
より良いカンファレンスを目指すために、セミナーを受けてみるのも一つの手です。


===コミュニケーションのスキルをつける研修なら===
こんなかたのために、研修を行っています

・職場のコミュニケーションに悩んでいる人
・コーチングスキルをつけてリーダーとして部下により深く接していきたい人
・ミーティング(カンファレンス)を変えたい人
・ファシリテーション力をつけて、職場で「聴く」ことを実践したい人

講師 坂本祐央子

この記事を書いたプロ

坂本祐央子

坂本祐央子(さかもとゆみこ)

坂本祐央子プロのその他のコンテンツ

Share

坂本祐央子プロのその他のコンテンツ