まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
島崎克宏

一生の出会いとなるギターを提供する楽器販売のプロ

島崎克宏(しまさきかつひろ)

楽器の店 ポンポロプー♪

お電話での
お問い合わせ
076-214-6236

コラム

ウクレレ選び(初心者編)③

2017年2月25日 / 2018年9月13日更新

ウクレレのサイズ、材に左右される音色については
ご理解いただけたかな。。
とにかく、楽器は抱えて(触って)みることが重要。。。
ネットショップのボタンを「ポチッ」って押せば翌日には届く時代
でも、もしも、その楽器がしっくりこなかったらどうします?
返品?面倒だよね。結局そのまま使うことに。。。不幸な話しだよそれって。。
今日は、絶対に外してほしくない楽器選びのポイントをいくつか上げるね。

第1ポイント

■チューニングができること■


おもちゃのようなウクレレは音程が取れず、
チューニングもできないので楽器としてはNG! 
ペグ(糸巻きのこと)の使用感や、
フレットバーの打ち方、
ネックの角度などは必ずチェックしてね。
特にフレットのエッジ処理が粗雑なものは、
弾いててチクチク痛いから注意してね。
ナットの刻みが浅いものは弾きづらいよ!
(ようするに弦高が高くなるので)

第2ポイント

■長く使うものなので、それなりの投資を■


予算の目安は人それぞれだけど、
長く使えるようなものだと
やはり2万円以上のものがおススメです。
楽器としてのクオリティーを考えると
予算のハードルも上がるので、
はじめはそこそこのモノを選び
少し上達して色々なことがわかってきたら、
2本目は自分にあった「音色の質」を念頭に
一生モノを選ぶといいね。

第3ポイント

■ピン!とくる直感が意外と重要■


楽器だから当然「音色」と「弾きやすさ」。
自分の体格や手の長さや指のサイズにあった
ホールド感が一番大事だけど、
私は「一目ぼれ」の感性も大切にして欲しいと思う。
だって、自分の抱える可愛い子だよ。
「見た目」これも大事だと思いませんか?

上記3ポイントをクリアするウクレレならコレ↓
Ana Ole
KALA
Kelli
Koaloha

ポンポロ店主の日々のつぶやき(Ameblo)

この記事を書いたプロ

島崎克宏

島崎克宏(しまさきかつひろ)

島崎克宏プロのその他のコンテンツ

Share

島崎克宏プロのその他のコンテンツ