まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
島崎克宏

一生の出会いとなるギターを提供する楽器販売のプロ

島崎克宏(しまさきかつひろ)

楽器の店 ポンポロプー♪

お電話での
お問い合わせ
076-214-6236

コラム

ウクレレ選び(初心者編)②

2017年2月24日 / 2018年9月13日更新

前回のサイズについては理解できたかな?
さて、本日は楽器選びの核心「音色」だ!
どんな材料で作られているのか知ることが
音色を聴き分ける上で結構重要になってくる。
ウクレレといえば「コア」や「マホガニー」が一般的だが
近年ではそれ以外にも様々な材料で作られた
ウクレレがあるから、その音色の違いを
ぜひ体感して欲しいと思う。

ここでウクレレに使われる材の種類と特徴をご説明しとこかな。。。

【コア】
ハワイでは数百年も前から「神が宿る樹」とされている貴重な材。材面は薄褐色から赤褐色で、金色の光沢があり、不規則な縞やフィドルバック杢(カーリー)が現れることも。硬くて響きが良く、カラッとした歯切れの良さと、コロコロとした温もりの音色が特徴。ウクレレならではの明るい豊かな音色で華やかなコード弾きに適しています。

【マホガニー】
中南米、アフリカ、東南アジア産。赤褐色で木肌は緻密、しばしばカーリーコアのような美しい杢目が現われます。甘く柔らかな音色でサスティーン(音の伸び)もよく、倍音効果も。高音域や音抜けの良さでも安定感のある材です。

【マンゴー】
淡黄色、薄茶色で、材質は柔らかく、ほとんどの部分に色むらなどがあり、使えるのは全体の1~2%。カーリーが出るようなマンゴは大変貴重です。コアやマホガニーより柔らかい音色で、丸い甘い音色で落ち着いた印象があります。
 
【メイプル】
北米産カエデ科広葉樹=ソフトメイプル、落葉広葉樹=ハードメイプルがあり、木質が似ている材をメイプルと総称。淡褐色、淡赤褐色で木目も表情豊か。材質は緻密で狂いが少なく、非常に硬くて音の反響も大きいです。歯切れの良い音色が特徴で、エレキギターでは良く使用されます。

【スプルース】
マツ科の針葉樹。白から淡い黄褐色のシトカスプルースは、柔らかいわりに強度があり、硬質なはっきりした音色。淡黄色、黄色のヨーロピアンスプルースは、最も硬く、粒立ちの良い音色。楽器では表板に使用され、サイド、バックにローズウッド材やハカランダ、メイプル、コアなど硬い材と組み合わせることが多く、バランスの良いサウンドが得られます。

ポンポロ店主の日々のつぶやき(Ameblo)

この記事を書いたプロ

島崎克宏

島崎克宏(しまさきかつひろ)

島崎克宏プロのその他のコンテンツ

Share

島崎克宏プロのその他のコンテンツ