マイベストプロ石川
森田文

保育者の悩みに寄り添い、解決へ導く発達支援のプロ

森田文(もりたふみ) / カウンセラー

虹色room

お電話での
お問い合わせ
090-2370-8269

コラム

こどもたち全部見てますよ☆相談やケンカは別室でお願いしますね

2021年10月10日

テーマ:すべてのおとなたちへ

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 子育て悩み相談





わたしがすごく気になるんだけれど

パパとママの言い合い

ママとばあばの言い合い

先生たち同志がお話ししたり、相談したりする場面

それ

こどものいないところでやってくれませんか?




ケンカしたっていいし

相談も大事だよね




でもね



こどもたちの目の前ではしないほうがいいよ




こどもってすごく敏感です

大人同士の会話や言い合いをすごく敏感に感じ取っています




自分のことで言い合っているのかもしれない

自分のことを相談しているのかもしれない



こども心にすごく不安になるのですよ



見えないところでするという配慮を大人がしましょうよ




大好きなパパとママ

大好きなママとばあば

大好きなせんせいたち




言い合いしているときの顔は

やっぱりどんなに美人でも

とっても怖い顔をしています



そんな表情も

こどもたちはすべて感じ取っています




この子の育児・保育をどうしていいかわからない

そんな悩みが出てくることもある

でも

絶対にその子の前で「どうする?」「どうしたらいいんだろう」

なんて言わないでね




それは裏で作戦会議をすることです

なぜこんな行動言動をするんだろうって

裏でたくさんたくさん考えて話し合って

対応策や作戦を考えて

その子の前で実践していくのです





大人のつぶやきが大きすぎたり

大人同士の会話が大きすぎたり

そんな大人の配慮のない行動が

こどもたちを傷つけてしまうことが

日常にけっこうあると思うのです




わたしはそんな場面をたくさん見てきました

今も見ています

こどもたちの不安な顔悲しい顔

たくさん見ています




そしてこれは

51歳のわたしが幼いときに体験した

悲しい思い出とも重なるのです




自分の目の前で

「この子はきかん子や。どうしてこうなったんだろうね」

身内にも先生にも

そんなふうに言われてきた私・・・




誰もわかってくれないって思っていました

寂しかったし悔しかった

悲しかった




51歳になっても

忘れられないのです

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


各種サービスメニューはこちらから→ホームページ


お申し込み・問い合わせはこちらからもお気軽にどうぞ→森田文~虹色room公式LINE~

この記事を書いたプロ

森田文

保育者の悩みに寄り添い、解決へ導く発達支援のプロ

森田文(虹色room)

Share

関連するコラム

森田文プロのコンテンツ