まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
森崇哉

営業の仕組みを作って顧客を生み出す集客のプロ

森崇哉(もりたかや)

パブリック・イメージ

コラム

ランチェスター経営と言えば、No.1主義(ナンバーワン主義)。

経営計画・改善

2016年6月29日

ランチェスター法則によれば、
同じ武器性能(経営効率)であれば、
兵力数(経営力)が大きいほど有利になります。

ある市場を考えたときに、
最も経営力が大きいのは、その市場におけるNo.1です。


ランチェスターのナンバーワン戦略(No.1戦略)


ランチェスター経営ではNo.1を強者。
2位以下を弱者と呼びます。
つまり、弱者は圧倒的に不利なのです。

そこで、弱者は市場を絞り込み或る特定の条件下でNo.1になるよう知恵を絞る必要があります。
これを、No.1戦略(ナンバーワン戦略)といいます。

No.1戦略には次の3つの方法があります。

①地域を絞りこむ。
地域を細分化し、限られた地域で1位になるという方法です。地方新聞などはこの典型ですね。
石川、富山、福井の地方新聞は全国では読売、毎日、産経、朝日などに負けていたとしても、
県内では圧倒的なシェアをもっているでしょ。

②売れ筋No.1商品をつくる。
製造業などでNo.1と聞いて真っ先に思いつくのがこれでしょう。
地方の料理店などでは、こういうお店が繁盛店になっていますよね。
金沢おでんなら○○とか、かも料理なら○○亭とか。
しかし、製造業・メーカーとなると商品開発力や広告力などが必要となり
資金力に弱い弱者には、なかなか難しいのではないでしょうか。

③得意先でのシェアNo.1
B to B の場合など、大きな得意先には何社も同業者が出入りしていますよね。
そうした場合、その得意先の中での1位の発注先になるという方法です。

No.1になると、利益率が格段に高くなります。
竹田陽一先生が、調査したところ上記のNo.1を持っている会社は、
経常利益が業界平均の約2〜3倍あることがわかりました。

そう聞いたらNo.1にならないと損ですよね。
私どもでは、「戦略★社長塾」と称してNo.1になるための勉強会を開催しています。
ご興味のございます方は、是非下記のリンク先よりお問い合わせください。
(ちょっと宣伝ぽくなってしまいました(^^;))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中小起業はランチェスターで勝つ!ランチェスターの営業戦略

業界平均の2倍の利益を生む! 「儲かる営業の仕組みづくり」
ランチェスターの営業戦略|竹田陽一氏公認 営業コンサルタント

この記事を書いたプロ

森崇哉

森崇哉(もりたかや)

森崇哉プロのその他のコンテンツ

Share

森崇哉プロのその他のコンテンツ