まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
森崇哉

営業の仕組みを作って顧客を生み出す集客のプロ

森崇哉(もりたかや)

パブリック・イメージ

コラム

科学的に正しい!ランチェスター法則に基づく経営改善

経営計画・改善

2016年6月9日

ランチェスター法則を応用した経営戦略の特徴の一つに

科学的問題可決方法があります。

重要なのは「科学的」ってことなのですが、

あまりにも当たり前すぎて、さらっと聞き逃してしまいがちです。

なのでもう一度言います。



ランチェスター経営では「科学的」に経営を改善します。





科学的であるとはどういうことかと言いますと。

まず第一に、再現性があるということです。

つまり、誰が行っても同じ結果を得ることが出来るというわけです。



少し前に、スタップ細胞が世間を賑わしましたが、

あれも、研究者がスタップ細胞を発見したかどうかが問題だったわけではなく、

説明された手順で実験してもスタップ現象を再現することができなかったことが

科学的には問題だったということなんです。



しかし、安心して下さいランチェスター法則は科学的に証明された戦略理論ですので、

経営においても適切に応用できれば、誰もがその効果を実感できます。

逆に、効果が表れなければやり方が間違っていると言うことにもなります。



ランチェスター経営を学ぶということは、

実践を通してランチェスター法則の正しい応用方法を発見することに他なりません。

私もそうでしたが、初学の内は理論が正しいかどうかに関心が向きがちです。

それも重要なことではありますが、その情熱を如何に自分のビジネスに応用できるかに向ける方が、

有意義だといえます。


科学的であるというもう一つの意味は、

細分化して考えるということです。



体調を崩し病院に行くと、

内科、胃腸科、外科、耳鼻科、循環器科など臓器によって専門科が分かれています。

西洋医学においては人体を専門細分化して疾患の原因を究明、治療しているのです。



それと同様に、ランチェスター経営では

経営をそれを構成する大事な要因に分けて、

利益が残らない原因を検証・改善します。



竹田陽一先生は、主な要因は次の8つだとしています。

1.商品

2.地域

3.業界・客層

4.営業

5.顧客維持

6.組織

7.財務

8.時間



それらが、経営に影響を与えるウェイトの高い順から、

自社の取り組みが「利益性の原則」にのっとって行われているか

検証していきます。



だから、実践すれば結果は自ずとついてくるのです。

-----------------------------------------

今月もやります!3年で利益を2倍にする「戦略社長塾」の体験教室

↓くわしくはこちらをご覧下さい。

「戦略社長塾」7月度体験教室

-----------------------------------------

久しぶりに 1 Day セミナーを開催します!!

↓くわしくはこちらをご覧下さい。

1 Dayセミナー 人生が変わる!儲かる経営の極意

-----------------------------------------

お客様を招く「長靴を履いた招き猫」

今回のコラムを気に入っていただけましたら、
千客万来の小判を持った、「長靴を履いた招き猫」をマスコットキャラクターとした
弊社Facebookページに「いいね」をお願いいたします。
千客万来、商売繁盛の御利益があるかも!

↓こちらで「いいね」をポチッとお願いします<(_ _)>
https://www.facebook.com/no1eigyou/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中小起業はランチェスターで勝つ!ランチェスターの営業戦略

業界平均の2倍の利益を生む! 「儲かる営業の仕組みづくり」
ランチェスターの営業戦略|竹田陽一氏公認 営業コンサルタント

この記事を書いたプロ

森崇哉

森崇哉(もりたかや)

森崇哉プロのその他のコンテンツ

Share

森崇哉プロのその他のコンテンツ