まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
森崇哉

営業の仕組みを作って顧客を生み出す集客のプロ

森崇哉(もりたかや)

パブリック・イメージ

コラム

論語とランチェスター法則

論語と経営戦略

2016年5月9日 / 2016年6月29日更新

子曰く、父母の年、知らざるべからず。一つは則ち以て喜び、一つは則ち以て懼る。
(論語 里仁第四)

どうしていきなり論語かといえば、現在金沢市北倫理法人会で開催中の連続講座との関連なのです。
講座のタイトルは「『倫理』資本主義の誕生 ─倫理と算盤─」。


渋沢栄一生家


タイトルを見てピーンときた方もいらっしゃるでしょうが、日本の近代資本主義の父、渋沢栄一氏を題材とした経営者のための勉強会です。
ご興味のある方はお知らせください、資料をお送りさせていただきます(*^^*)。
僭越ながら当講座の企画・コーディネートをさせていただきました。

この機会に、毎日少しずつ論語を読み進めて見ようと思い立った。
この手の本は、3時間で一通り読んだからといって、だからどうしたというもの。
むしろ「雨垂れ石を穿つ」の例えにあるよう、ポタリポタリと言葉の雫を、心に染み渡らせるように読みたい。

書棚には既に、岩波文庫の金谷治版と伊與田 覺版の「仮名論語」の2冊はあったが、
新たに講談社学術文庫の加地伸行版と宇野哲人著の「論語新釈」。
さらに、渋沢栄一の解説が書かれた「論語講義(平凡社新書)」を買い足した。
1日5章、それらの解説を読み比べながら、朝からじわりじわりとやっているわけです。

講談社学術文庫の加地伸行版で、499章立て。1日5章を読むとちょう100日で読み終える勘定になります。
これを論語100日実践として、挑戦中です。

冒頭の章は、昨日読んだ1文。
母の日に巡ってきたのも縁でしょう。
意味は、子は親の年齢を覚えていなくてはいけない。年齢を思うたびに「ああ、長生きしているな」と喜び、また「ああ、年老いたな」と気遣う。

ご両親の年齢を、とっさに聞かれて答えられますか?

母の干支と自分の年から計算して、ああ、もうこんな歳になったんだと驚くとともに、
健康そうで良かったと喜ぶ。

久しぶりに実家へ帰る。ふと見ると、テーブルの上に薬袋と目薬が。
そういえば、1月ほど前に母が白内障の手術をすると家内から聞かされたことを思い出す。
「そういえば、目の手術は上手いこといったの?」とぼく。
さも気にしてたかのように言いながら、不孝を恥じた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中小起業はランチェスターで勝つ!ランチェスターの営業戦略

業界平均の2倍の利益を生む! 「儲かる営業の仕組みづくり」
ランチェスターの営業戦略|竹田陽一氏公認 営業コンサルタント

この記事を書いたプロ

森崇哉

森崇哉(もりたかや)

関連するコラム

森崇哉プロのその他のコンテンツ

Share

森崇哉プロのその他のコンテンツ