マイベストプロ石川
永江信彦

自分の頭で考えて行動できる人材を育成するプロ

永江信彦(ながえのぶひこ) / 人材育成コンサルタント、講師

オフィスまなぶき

コラム

他人の助けも借りながら、自分のチカラで考える

2019年11月6日 公開 / 2019年11月29日更新

テーマ:思考力

コラムカテゴリ:ビジネス

こんにちは。
自分のチカラで考えられる人を増やしたい、永江です。

自分のチカラで考えようとは言っていますが、
完全に自分一人のチカラのみで考えるのは
間違った思考に陥る可能性も孕んでいます。

考える対象についての知識がまったくない状態で
一生懸命に自分で考えてみても
よりより思考にはつながらないです。

たとえば、
四則演算のルールも知らないで
数式に向かってみても正しい答えは出せません。


だから、
自分のチカラで考えるためにこそ
他人の助けを借りましょう。


ここでいう他人の助けとは、
誰かに教えてもらうことだけではありません。

教えてもらう
アドバイスをもらう
意見を言ってもらう

本を読む
インターネットで調べる

もしかしたら、
一見したところあまり関係のないような事柄に
いま考えていることのヒントがあるかもしれません。


過去の文献や情報も含めて
他人がアウトプットした何かの中に助けとなるものを探し
そして自分のチカラで考えます。


元になる情報はいろいろなところから得る。
そして、自分で考える。


情報の取捨選択には注意や能力が必要ですが、
自分で考えるために
他人の助けを借りるということ自体は
とても大切で必要なことだと思います。

=====
電子書籍の一部を無料で公開しています!

「ふだん使いのフレームワーク思考」
Amazonで販売中の電子書籍です。
思考活動を助けてくれるフレームワーク思考を、ふだんの暮らしや仕事の中で活用していくことをご案内しています。

その中の一部を無料で公開をしています。

以下のリンク先からPDFファイルをゲットしてください。
http://manabuki.com/0_framework

この記事を書いたプロ

永江信彦

自分の頭で考えて行動できる人材を育成するプロ

永江信彦(オフィスまなぶき)

Share
関連するコラム