マイベストプロ石川
前川未知雄

英会話を習得して目標を達成させる英語教育のプロ

前川未知雄(まえかわみちお) / 英語指導

株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン

コラム

実例を基にしたTOEIC独学法【テキストの選び方 パート5】

2020年4月26日 公開 / 2020年4月30日更新

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: TOEIC 勉強法TOEIC 対策ビジネス英語 勉強

こんにちは。自宅からのオンラインレッスン提供が続く最近では、
日頃のレッスンの反省点の洗い出し、各受講生の方への学習計画見直し、
非常勤の先生の為のマニュアル作成など、普段以上に行っています。

当校の生徒さんにも、英語を学ばれる方ですから、観光業の方なども
いらっしゃいます。当校もコロナの影響とは無縁ではありません。
しかし、それでも維持できていますのは、受講生の皆さんの
ご支持のお陰で、むしろ現状を、大きく感謝しなければなりません。

・・・さて、本日は、TOEIC対策におけるテキスト選びパート5を
お送りします。過去4回分の内容を一言でまとめますと、

 「対策本ばかりやると、基礎がおろそかになるから、それぞれのステージに合わせて、
 根本的な英語力をつけましょう」

というのが、当校の考えるテキスト選びの原則として紹介致しました。
具体的には・・・


【 TOEIC対策・テキストの選び方 見取り図 】

1. TOEIC対策問題集は、解くべきタイミングと、解いても効果が見えずらい時がある。
2. 解いても効果が見えずらいステージでは、基礎トレーニングとして「予測文法」を鍛える。
3. 具体的には、伸び悩んでいる人は、英検過去問にチャレンジする

例 600を超えそうで超えない方は、英検2級過去問×3回で、600点獲得を目指す
例 800を超えそうで超えない方は、英検準1級過去問×3回で、800点獲得を目指す

 ことが、テキスト選びの一つのヒントになる。

4. ただし、「英語が苦手な方で、初めてTOEICに挑戦する or
これから500を目指す方」は、「公式プラクティス リスニング」を使用し
リスニング学習に専念する。

・・・ということを申し上げていました。
さて今回は、前回記事の続きで、

 600点、700点に乗るまでは、必ずしもTOEIC対策テキストを
 メイン教材にする必要は無い。

(1)高校・大学受験用でもOK
(2)教材の使い方にコツがある

と書きましたので、その続きについて書きます。
まずは、以下にサンプル問題を記載します。


Mr. Lee has been awarded several important prizes ------- he joined the group ten years ago.

 (A) in spite of
 (B) since
 (C) except for
 (D) while


これはTOEICの公式サイトに出ているサンプル問題を意識して作ったものですが、
中学英語の知識があれば、解けます。まず、下線の後ろには he joined と、
主語+動詞が来ています。その上、has been awarded という箇所で
「現在完了」であることが分かり、回答は、(B) の since です。

 リーさんはそのグループに10年前に参加して以来、幾つかの重要な賞を授かった。

といった感じの意味です。
まずはっきりさせておきたいのは、必ずしもTOEIC対策テキストを
使わなくても、スコアアップを図ることは可能、ということです。
(過去の記事でも触れてきたので、繰り返しになりますが)
ですので、600や700に乗るまでのメインテキストとして、

   高校・大学受験用でもOK

と考えています。
公式サイトに出ている5つの文法サンプル問題を分析してみると、
語彙の問題を除き4問は、中学 or 高校で学習する文法知識や読解のスキルが
あれば、解けると判断しています。

この、「学校英語に戻ろう」作戦ですが、単純に、「昔やったことが
そのままTOEICでも役に立つから」だけがメリットではありません。

もう一つのメリットは、「語彙や文法、読解の仕方を思い出すのに効率が
良いから」と考えています。

TOEIC用に書かれた、TOEICの為の参考書・テキストを購入し、
「新しく学ぶ」よりも、ご自分が昔一度学習されたことを「思い出す」方が、
最初はスムーズです。

勿論それは学習者の好みにもよるでしょうが、「そう言えば、そういうのがあったな」
とか「昔これやった」とか、そんな感じで学習が出来れば、しめたものです。

こういうテキストを使って ↓↓↓

【英単語・英熟語】

・Duo
・TARGET1900
・代ゼミ英熟語800

【英文法】

・99パターンでわかる中学英語文型の総整理
・パターンで覚える英作文頻出文例360
・エイザーの分かって使える英文法
・その他、中高で学習する英文法が学べる英会話スクールのオリジナル教材

【長文】

・基礎英語長文問題精講


こういうスコアアップを実現する際、 ↓↓↓

 ①30代女性 10年前の最高点が500点台 
 → 2か月程度で760点

 ②20代女性 最高点が600点中盤で、そこから何をやっても伸びない 
 → 3か月程度で700点突破、4か月程度で800点突破

指導の際に私が意識しているのは、

 「今までに使ってきた教材



「学生時代の英語の貯金がどれくらいあるか」

の2点です。なかなか伸びない、と言う方は、経験上、

 TOEIC対策本のみ頑張っている

というケースが多いです。
それで、受けて受けて受けまくってスコアが上がらない、というのも
多いですね。ですが、せっかく、高校受験や大学受験でそれなりに英語を
頑張った経験があるのであれば、まず、学生時代に使っていた or 勉強していたような
事柄が書かれている、参考書へ立ち返ることをお勧めしています。
それが、TOEICの英文を理解する上で、大きく役に立ちます。
しかし、その学び方には工夫が必要です。

何かを学ぶ時に、インプットだけでなく、アウトプットが大事ということは
よく言われます。それは、上記のような学校英語の学び直しにも当てはまります。
単に参考書を読み、練習問題を解き、訳し・・・という受け身の姿勢ではなく
「学んだ英語を使って、実際に表現できるかどうか」が大切です。
例えば上述した現在完了(since を使った英文)でも、

 現在完了の解説を読み、練習問題を解き、訳した

という状態よりも、

 現在完了を使った英文が、ゼロから「書ける」「言える」

という状態の方が、定着度としては高いです。
これはすごく単純なことを言っているだけで、
スポーツでも解説を読んだだけでは動きが身に着きませんよね。
自分で実際に身体を動かしてみて、初めてその動きが身に着きます。
(しかも、何度も何度も繰り返して)

具体的に言いますと、

  学生時代に使っていた参考書を、学生時代と同じように使うのではなく
  記載されている例文を全て和訳を見てスムーズに英語に出来る

という状態を目指すのが、ポイントです。
この状態を目指す為に、「解説を読む」「練習問題を解く」「訳す」という
ステップがある訳で、いきなりこのように訳すのは無意味です。
100%理解した構造でないと、単なる丸暗記になってしまうからです。

ちなみに・・・

上記の①の方でしたら、「中高6年分の代表的な例文を、
全て日本語から英語に口頭でスムーズに変換出来る」

②の方でしたら、「高校で習う文法の代表的な例文を、
全て日本語から英語に口頭でスムーズに変換できる」
(使用教材 「パターンで覚える英作文頻出文例360」)

・・・という取り組みをして頂きました。

また私自身も「エイザーの分かって使える英文法」という文法書を
練習問題を2周ほどしてしっかりと理解した上で、例文暗唱を行い、
短期間でスコアを伸ばしました。

・・・さて、今回のアドバイス、前々回書きました、

 どちらかと言うと英語が苦手な方、学生時代英語が大嫌いだった

には、あまりお勧めしていません(ですので、そうした方々には
何よりまず、公式プラクティスを使ってリスニングを伸ばしましょう、
と伝えていました)。

学生時代の貯金があまり無いと、「学び直し」にはなりませんし、
学生時代にしっくりとこなかった学習法を再度繰り返しても、
上手くいかないケースもあります。

また、上述しました日本語を英語に直す、という取り組みも、
効果に大きな個人差があります。この辺りのさじ加減は、
日々指導させて頂いている生徒さんの場合は

ヒアリングや日々のご様子などから判断し、学習法をアドバイスしています。
当校は全てのレッスンが1:1のプライベートですが、それは、大人の方の
バックグラウンドはひとりひとり違いすぎますので、皆さん各自に合わせた
オーダーメイドでないと、効率的な学習は難しいと考えているからです。

あまり学習法について書いたり、大勢の講義に積極的でないのは、
こういった理由が大きいです。お一人お一人にしっかりとフォーカスしないと、
意味が無いと考えているからです。ですから、「こうやれば話せます」的な話は、
私には出来ません。経験を重ねれば重ねるほど、怖くなります。


LLD外語学院 学院長 前川 未知雄

この記事を書いたプロ

前川未知雄

英会話を習得して目標を達成させる英語教育のプロ

前川未知雄(株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン)

Share

前川未知雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-210-7650

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前川未知雄

株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン

担当前川未知雄(まえかわみちお)

地図・アクセス

前川未知雄プロのコンテンツ