マイベストプロ石川
前川未知雄

英会話を習得して目標を達成させる英語教育のプロ

前川未知雄(まえかわみちお) / 英語指導

株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン

コラム

実例を基にしたTOEIC独学法【テキストの選び方 パート4】

2020年4月22日

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: TOEIC 勉強法TOEIC 対策ビジネス英語 勉強

こんにちは。全国に拡大された緊急事態宣言を受け、
当校も、先週土曜日から教室を完全に閉めました。

先週は初めて Zoom & Skype でレッスンをする、
という50代の方との授業でした。思っていた以上に
スムーズにいき、ほっと一安心です。
当面、ご自宅からSkype及びZoomでのご受講となります。

さて、本日は、実例を基にしたTOEIC対策テキストの選び方 パート4 
を書きます。前回のコラムでは、


 TOEICに初めて挑戦する方、これから500点を目指す方


を対象に、


 「公式プラクティス リスニング」を使って、リスニング学習に専念すること


をお勧めしておりました。
本日は、


 500点は取った。これから、600点~700点を目指す!!!


という方を対象に書きます。
しかしながら・・・毎度ですが、上記の条件に当てはまる方にも、
様々なパターンが存在すると思います。


1. 大学受験の貯金で、とりあえず受けたら500点台だった
2. TOEICに向けた対策学習を繰り返し、何とか500点台に乗ったが、その後伸びない
3. 特別、TOEIC用に学習したことは無く、英会話をやっているのだが、これから
 勉強していきたい


など。ここでひとつ考えたいのは、「TOEIC用の教材は、いつ頃から必要か?」ということです。
前回のブログで、「公式プラクティス リスニング」をお勧めした直後ではありますが、


  600、あるいは、700点までは、必ずしも対策テキストをメインにする必要は無い


と考えています。つまり、実力をつけるためのメインテキストを何冊かやり、
その上で、補助的にTOEIC対策テキストを使う、というものです。
さすがに800を超えるところまで対策なし、というのは、自分の指導歴では
経験がありません。


前回のブログでは、英語が苦手な方向けに書きましたが、TOEIC用の
実践的な練習をせずとも、スコアアップは可能です。
つい先日、受講生から以下のメッセージを頂きました。


>前川先生 こんばんは。私がもしこれから英語を学ぼうとする立場だったら、
>こんな先生から教わりたい!と思わせるようなブログでした。
>私も先生から基礎をキッチリ教えていただいているおかげで、
>TOEIC 対策なして600点を超えられましたので


今回の根拠となる事例は、こちらのメッセージをくださった方と、


 30代女性 10年前の最高点が500点台 → 2か月程度で760点
 20代女性 最高点が600点中盤で、そこから何をやっても伸びない 
 → 3か月程度で700点突破、4か月程度で800点突破


です。こうした伸びた生徒さんはファンになって頂けましたね(^_^)
個人的には、「何をやっても伸びない」という人の指導が、好きです。
ただし、素直にこちらのアドバイスに耳を傾けて頂けることが前提条件ですが (-_-)
余談でしたが、まず最初にお断りしておきたいのは、上記のような短期での伸びには
必ず、使った教科書や指導者の良し悪し以外にも、理由があるということです。
具体的には、


 高いモチベーションで、多くの学習時間があった


あるいは


 元々の能力が高かった


ということに集約されると思います。
前者で言いますと、上記の方々は、一週間に10時間以上を学習され、
英語習得にかけるモチベーションは非常に高かったです。
当然、能力が高くて時間が豊富にあれば、上達に必要な期間は短縮されます。
( 初回受験で900点オーバー!といった類のものは、学習者のポテンシャルが
高かった以外のなにものでもありませんから、あまり参考になりません )

ですので今回は、上記の学習期間ではなく、むしろ、こういった方々が
メインで使っていた教科書に着目して頂ければと思います。列挙しますと、


【英単語・英熟語】

・Duo

・TARGET1900

・代ゼミ英熟語800


【英文法】

・99パターンでわかる中学英語文型の総整理

・パターンで覚える英作文頻出文例360

・エイザーの分かって使える英文法

・その他、中高で学習する英文法が学べる英会話スクールのオリジナル教材


【長文】

・基礎英語長文問題精講


です。注目すべきなのは、


(1)高校・大学受験用のテキストが含まれているということ
(2)これらのテキストの使い方


です。次回以降に続きます。



LLD外語学院 学院長 前川 未知雄

※当記事は当校独自の見解であり、必ずしも万人に当てはまる学習法では
ありません。また、学術的根拠を確認しておりません。ただし、当校が直接指導させて
頂いた範囲内において、ご紹介しております学習法を実践した結果、豊富な
スコアアップの実例が確認できています。紹介する学習法は、そうした実例に
基づいた内容となっています。

【 実例紹介 】
① 過去6年間に直接TOEICを指導した生徒40名全員のTOEIC平均伸び率は161点です。
② 年齢、学歴、職業も様々ですので、精度の高い学習アドバイスが可能です。
③ 教師自身は、25歳から英語学習を開始し、3か月でTOEICスコアを
485点アップさせました。 現在公開テストは2回連続990点満点を取得しています
(当然ですが、教師自身の個別事例ですので、皆様にそのまま当てはめて
アドバイスは致しません)。

【 過去6年間の当校指導におけるスコアアップの内訳 】
(1)教室通学 プライベートレッスン
① 285 → 645 50代・男性 
② 300 → 380 40代・男性 
③ 300 → 605 20代・女性
④ 760 → 890 40代・女性
⑤ 580 → 760 20代・女性
⑥ 555 → 810 40代・男性
⑦ 870 → 905 40代・女性

(2)専門学校でのTOEIC対策講義
33名の平均TOEICスコア196点上昇(2015年4月~2016年1月)

この記事を書いたプロ

前川未知雄

英会話を習得して目標を達成させる英語教育のプロ

前川未知雄(株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン)

Share

前川未知雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-210-7650

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前川未知雄

株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン

担当前川未知雄(まえかわみちお)

地図・アクセス

前川未知雄プロのコンテンツ