まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
上田晃一朗

会社の紛争を未然に防ぐ企業法務のプロ

上田晃一朗(うえだこういちろう)

内田清隆法律事務所

上田晃一朗プロのご紹介

会社の紛争を未然に防ぐ企業法務のプロ(1/3)

上田晃一朗 うえだこういちろう

裁判になる前に企業が抱える紛争の芽を摘み取りたい

金沢の法曹界で異彩を放っている人物がいます。内田清隆法律事務所の弁護士、上田晃一朗さんです。上田さんは、石川県内では数少ない企業法務のプロ。紛争を未然に防ぐ予防法務を信条として企業をサポートしています。さらに、全国でも珍しい税務に精通した弁護士であり、法務と税務の二つの武器を縦横無尽に駆使する“ハイブリッド弁護士”として企業を守っています。

身長186センチの長身。難解な法律の話を無駄なく明快に解説してくれた上田さん。現在はITから物流、飲食、不動産、ホテル、会計事務所といった多彩な業種の会社と顧問契約を結び、企業法務を任されています。

「裁判になれば時間も費用も掛かり、企業にとっては大きなダメージとなります。そこで、裁判にならないよう日頃から備えておくことが重要。裁判が起きたらその時に対応すれば良いという考えは時代遅れなのです」と力説。上田さんはこれまでに数百件の裁判を担当しており、その実績があるからこそ、どのようにすれば裁判を回避することができるのかを知り尽くしているのです。

一口に企業法務と言っても、契約書の作成から債権回収、交渉支援に至るまで内容はさまざま。契約書の作成では、取り交わす契約書の新規作成からチェック、修正を行い、仮に裁判となった場合でも有利となるように仕上げます。債権回収であれば、不当に代金が支払われなかったり、強引な値引きの要請があった時の強い味方。弁護士名の書面を送ることで解決するケースは少なくないと言います。交渉支援についても、企業間でトラブルが発生した際に法律論を武器としてやり取り。残業代をめぐる従業員とのトラブルをどう防ぐかといった労務も得意分野。紛争が起こって裁判になる前に、その芽を摘み取る予防法務に徹しながら、クライアントの企業活動を支えています。

上田晃一朗プロのその他のコンテンツ

Share

上田晃一朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-222-3730

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上田晃一朗

内田清隆法律事務所

担当上田晃一朗(うえだこういちろう)

地図・アクセス

上田晃一朗プロのその他のコンテンツ