まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
谷内完予

色と数で人生を導くカウンセリングのプロ

谷内完予(やちさだよ)

Healing Color(ヒーリングカラー)

コラム

パーソナルカラーでイキイキと本来の自分を取り戻した子供さんのお話~石川県金沢市より

カラーコーディネート

2013年10月2日 / 2018年4月3日更新

こんにちは!
数秘術カウンセラー&パーソナルカラーコーディネーターの谷内(やち)です(^^)!
今回は、パーソナルカラーでイキイキとした本来の自分を取り戻した子供さんのお話(実話)です。

当時、小学生だった男の子の話ですが、似合わない色の服を着せられて「病弱な子」として育てられた・・・というお話です。

お兄ちゃんはいつもブルー①の服を着せられていました。
そして年子の弟君はブルーが似合わないので、グリーン③を着せられていました。
お母さんはいつもブルー①とグリーン③、色違い・サイズ違いで揃いの洋服を買っていたそうです。
それって、よくある事ですよね。
サマータイプのブルー
そして私がいつもそのお母さんから聞いていた子供話は
「次男は病気でも貧血でもないのに、いつも顔色が悪いのよ。だから中学に入ったら文化部が良いと思ってるの。」でした。
私は「へー、そうなんだ。」と思っていましたが、ある時初めて息子さん達に会い、気が付きました。
「あれ!? お兄ちゃんはWinterタイプで、弟君はSummerタイプだ! なるほど!」

Winterタイプはビビットでパッとした色が似合います。中でもお兄ちゃんのベストカラーは①の青だったのです。
当然イキイキとして見え、ご本人と合う色調ですから、元気はつらつです。

そして弟君はSummerタイプなので、優しいソフトな色合いがしっくりします。
パステル調のブルー②だと、青白く見えなかったでしょう。
ましてベストカラーはピンクで、濃いグリーン③は一番苦手な色・・・。

ところがいつもWinterタイプの濃くて深いグリーンを着せられていたのです。
そして親が病弱扱いすると、子供の方も自然とそうなってきます。
二人のパーソナルカラーを説明したら、お母さんはすごく驚いていました。


『色のからくり』から起こった出来事でしたが、その後、弟君は中学校で体操部に入ってイキイキとしていると聞きました。
そんな事があってからは、『色』が起こす作用って人生にまで影響がいくんだなぁと、カラーコーディネーターとして深く責任を感じました。

パーソナルカラー診断は、持って生まれた色素で分類します。
「思春期でよりはっきりした為にタイプが変わった」という事がまれにありますが
(↑ソフトタイプに見えたが、実はハードタイプだった等)
基本的に一生変わる事はありません。

『自分らしく生きる事が、心身共に一番安定している』のは言うまでもありません。
そして『似合う色』と『好きな色』が一致している事が一番であり、もちろんそうなる事も出来ます(^-^)

数秘術カウンセリングとパーソナルカラー診断~Healing Color~谷内完予(やちさだよ)
電話番号・・・090-7749-2503 / 076-205-7041

この記事を書いたプロ

谷内完予プロのその他のコンテンツ

Share

谷内完予プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7749-2503

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷内完予

Healing Color(ヒーリングカラー)

担当谷内完予(やちさだよ)

地図・アクセス