マイベストプロ石川
南村浩介

新築住宅が適正に建てられているか診断する建築のプロ

南村浩介(みなみむらこうすけ) / 一級建築士

Archi Agent(アーキエージェント)

コラム一覧:住宅

RSS

木造のアンカーボルト施工のタイミング

2020-02-12

注文住宅

木造住宅の構造として基礎と構造体をつなぐ重要な接合金物でアンカーボルトやホールダウン金物があります。アンカーボルトは土台と基礎をつなぐため、ホールダウン金物は引張力に抵抗するためのもので耐震性能に...

住宅の柱の太さと耐震性能の関係

2020-02-10

注文住宅

ハウスメーカーや工務店のチラシやHPで「すべての柱に4寸(120mm角)の柱を使っているので地震に強い」というような触れ込みを見ます。一般的に柱には3寸5分(105mm角)か4寸(120mm角)の柱を使用します。...

北陸の家なのに積雪は無視?

最近冬でも雪が積もらなくなりました。しかし2年前には何度もドカ雪があり雪かきで苦労しました。北陸の住宅の雪への対応について書いていきます。木造の壁量計算では積雪は全く考慮されておらず、太平洋側で...

建築条件付き土地の契約に注意

前回建築条件付き土地について簡単に書きましたが実際に一部でトラブルが起きているのも事実です。まず条件付きの場合、土地の契約後一定期間以内に工事の請負契約を結ぶことが条件になっています。一定期間と...

後悔しないように文書を残す

2019-12-19

住宅を建てた方からよく聞くトラブルの一つに「言ったとおりしてもらえなかった」「言ったことができていなかった」ということをよく聞きます。あとで取り付けや修正できることもありますがあとからではど...

建築条件付き土地

「建築条件付き土地」土地探しをした方は聞いたことあると思います。どういう土地かというと名称の通り条件がついているのです。それは建築の請負契約をする相手が決まっているという条件です。簡単にいうと...

一括下請けとは丸投げのことです

2019-12-17

契約書の約款の中に一括下請けの項目がある場合があります。「一括下請け」とは丸投げのことです。ご存知かと思いますが、丸投げとは元請業者が工事を請け負いながら、マージンだけ取って下請け業者にすべて任...

契約解除の項目は要注意です

2019-12-16

約款か契約書のどちらかに「契約の解除」の項目があるはずです。これは契約を解除する場合のことが書かれています。契約はしたけど思い通りのプランにならないので他のハウスメーカーにしたい、当初話しして...

住宅工事の損をしない支払い条件

2019-12-13

注文住宅

契約書で一番確認な項目だと思います。契約金額は契約する前にハウスメーカーや工務店と打合せ済みだと思いますのでその金額通りになっているのか確認するだけで問題ありません。しかし、逆に一番シビアであ...

契約書につける図面や見積りはどうすればいい?

2019-12-12

注文住宅

はじめに添付資料(図面、見積り)が曖昧だと良くないと書きました。ではどのような添付資料にすればいいのでしょうか。まずは図面です。図面と一言で言っても図面の内容はピンきりです。単純な平面プランで...

契約書の約款は重要な文書です

2019-10-26

約款とは契約書についている書類です。これはハウスメーカーや工務店で作られている書類で、基本的にはどの施主に対しても同じ約款をつけて契約書に添付しています。A4用紙で3~4枚程度になっていることが多く...

契約書(請負契約書)に捺印する前に知ってほしいこと

2019-10-25

ハウスメーカーや工務店と何度かプランのやり取りの打合せを進めていくと契約の話が出ると思います。その時にこのようなことを言う営業がいます。「とりあえず仮の契約を一旦交わします。」「あとで変更ができ...

重要事項説明は法律で定められています

2019-10-16

建築士法とは建築士の資格や業務について定められた法律です。その法律の中で設計業務に入る際には設計業務、監理業務の重要事項説明を担当設計士から施主に説明をすることになっています。説明内容は作成する...

監理者はだれ?

2019-10-15

建築を行う際には必ず設計者と監理者、施工者がいます。それは建築主(施主)が申請している確認申請書に書いてあります。通常、確認申請は工務店やハウスメーカーが作成して施主に申請書、委任状等に押印をも...

耐震性能等級について

2019-10-13

ハウスメーカーや工務店のチラシ、ホームページで「耐震等級3を標準仕様」等の表示をみると思います。これは性能評価制度上の耐震性能の等級表示です。耐震等級は1~3まであり、等級1は建築基準法の基準同等...

コラムのテーマ一覧

南村浩介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-237-7172

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南村浩介

Archi Agent(アーキエージェント)

担当南村浩介(みなみむらこうすけ)

地図・アクセス

南村浩介プロのコンテンツ