まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
山川純正

未妊を改善し子宝に恵まれる健康な体に導く薬剤師

山川純正(やまかわよしただ)

漢方の山川自然堂

お電話での
お問い合わせ
0120-35-1938

コラム

不妊症だと砂糖を控えるように言われるのはなぜ!?

2016年4月9日

こんにちは、
古河市の、茨城県の、栃木県の
花粉症、脱メタボ、不妊症・未妊カップルを応援する
山川自然堂 山川純正です。

【砂糖がどうして不妊症に悪いの?】






結論から言いますね。


甘いものをよく食べていると、

女性ホルモンが

少なくなるからです!


身体の中には様々なホルモンがあります。

女性ホルモン
男性ホルモン
甲状腺ホルモン
成長ホルモン
副腎皮質ホルモン
興奮ホルモン
ストレスホルモン
睡眠ホルモン
などなど
まだまだいっぱいのホルモンのバランスで
私たちの身体はうまく機能しています。

その中で、不妊症と関係が強いのが


もちろん
「女性ホルモン」

このホルモンが少ない、うまく機能しないから、
卵子がうまく育たない
排卵が出来ない
着床がうまくいかない
順調に育ってくれない
などなど


どうして女性ホルモンが少なくなるのか?



それは、

女性ホルモンの材料を

別なところに使ってしまっているから!


こんなに不妊治療がんばってるのに
なんてことしてくれとんのやッ
ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

そう言いたいですよね。

でも、そうさせているのは


あなた


なんです。


今口にしているチョコが
何の気なしに飲んでるジュースが



女性ホルモンを減らしているんです!







それはどうしてなのでしょうか?


砂糖、糖質が身体に入る
 ⬇
血糖値が上がる


すると、ここでスクランブルで飛んでくるのが


「インスリン」


血糖値を唯一下げるホルモン
インスリンが
いい仕事しますから、
血糖値が下がります。

また甘いものが欲しくなる

食べちゃう

インスリン緊急出動

大活躍です!





ホルモンの材料である糖鎖は

様々なホルモンを作るためにあるのですが、

一日中インスリンを作っていなくてはならないので、

女性ホルモンが手薄になってしまうんですね。


伝わりましたか?


そして、不妊症にだけ当てはまるわけではなく、
全てのホルモンにも同様のことが言えますので、

花粉症がつらいのも
よく眠れないのも
なんだかイライラしてしまうのも
更年期がキツいのも

みんな同じ理由なんです。


シュガージャンキー

から足を洗ってくださいね。


糖質中毒


これは
アルコール中毒
ニコチン中毒
薬物中毒
これらとさほど代わりありません。

よっぽどたちが悪いかもしれませんよ。

手軽に安く手に入って、
合法的に、誰に咎められること無く
快感を味わって、毎日続けることが出来ますからね。


まとめ


本来作られて欲しい

女性ホルモンの材料が

糖質を無意味に摂り続けていることで

インスリンに取られてしまっている


というお話しでした。




これは、数ある原因の一つではありますが、
今すぐ出来て、無料です。
無駄使いしなくなるから、財布にもよく効きます(^^)


不妊治療でホルモン剤などを飲まれたり、注射もされていますが、
なかなか結果が出ないのであれば、
トライしてみる価値は大いにあると思います。

自分で出来ることは、自分でやってみてください。


授かるのを待っていても来ません

あなたが迎えに行ってあげてくださいね。


応援してます。


山川自然堂 
薬剤師 山川純正

この記事を書いたプロ

山川純正

山川純正(やまかわよしただ)

山川純正プロのその他のコンテンツ

Share

山川純正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-35-1938

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山川純正

漢方の山川自然堂

担当山川純正(やまかわよしただ)

地図・アクセス

山川純正プロのその他のコンテンツ